チネチッタ高知★掲示板
[ホームページ] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
メッセージの中には参照URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

1月のカレンダーの補充 投稿者: 投稿日:2015/01/18(Sun) 13:20 No.2306  
お茶屋さん、こんにちは。
もう終わってしまってますが、下記上映会があったようです。

ドキュメンタリー映画「日本と原発」(監督 河合弘之)
1月16日、高知市立自由民権記念館

http://203.139.202.230/?&nwSrl=331921&nwIW=1&nwVt=knd


Re: 1月のカレンダーの補充  - 2015/01/18(Sun) 21:55 No.2307  

ヤマちゃん、お知らせありがとう。
1月カレンダーに追加しました。
ツイートしてたのですが、こちらの更新を忘れてた(^_^;。
シネマフィロソフィアの上映会とみごとにかぶっていましたね;;;;。


良かった映画2014 投稿者:四ツ谷 投稿日:2015/01/08(Thu) 16:50 No.2304  
お茶屋さんこんにちは。
今年もこの場をお借りして良かった映画を発表させてください。長文すみません。

『ダラス・バイヤーズ・クラブ』
マシュー・マコノヒー演じるロン・ウッドルーフという人物のすごいこと。この人、マイノリティーをあからさまに差別するクソ野郎からどんどん変化していく。死の影におびえもがき苦しむ男、やり手のビジネスマン、エイズ患者の救世主。変化というよりもともと多様で複雑な面を持っていたのかもしれない。そういう複雑な人物だったことが観る者にきちんと伝わったからマシュー・マコノヒーがアカデミー賞を受賞したのかと。

あと、トランス・ジェンダーのレイヨンというキャラクターが光ってた。愛する男のために縁を切ったはずの親に会いに行き、金を無心をするシーンの切なさと言ったら。彼は創造されたキャラクターらしいんだけど、本当に見事。

『MUD‐マッド‐』
少年の目線で見ると冒険と成長の物語であり、そういう作品としてももちろん素晴らしい。でも大人目線で見ると愛の本当の姿を知る物語でもあり、そちらの方でもグッと引き込まれた。

モーテルの敷地のはずれからジュニパーを見上げるマッドの顔が忘れられない。怒っても泣いてもおかしくないのに、マッドは微笑んでいた。マッドが抱き続けた真実の愛。でも愛は時に残酷で、必ず報われるとは限らない。そういう本当の愛の姿があのシーンに凝縮されていたように思う。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
スターウォーズを初めて観たときの興奮が蘇った。スターウォーズの方はフォースの暗黒面にからめとられてエンターテインメント性がスポイルされ、好みとずれてしまった。そんな時あらわれたスぺオペの王道を行く本作。夢・希望・冒険・正義・ユーモアとスぺオペに求められるほとんどすべての要素をバランスよく備えている。設定に無理がないので、シリーズ化され長く続きそう。

『インターステラー』
素晴らしい。SF部分の緻密さ壮大さと、ドラマ部分の質の高さが見事に調和していた。私はIMAXで観たのだが、圧倒的な迫力と表現力が生きていた。IMAXすげー。ウィキ先生によるとクリストファー・ノーラン監督は、かなりIMAXで撮ることにこだわったそう。愛媛にIMAXシアターがあって良かった。

『ゴーン・ガール』
失踪したと思われていた子供が実は母親に殺されていた、とかそういうニュースをアメリカではよくやっているので、途中までのストーリーに目新しいところはない。でもそのあとの展開がすごい!いやー結婚って怖い、と心が凍った。映画だから大げさに表現しているけど、人を好きになる時に自分の好みを押し付けるっていうのはよくあること。そしてその被せた虚像ごと相手を愛してしまい、時間の経過とともにずれが大きくなりっていうのもありがちだなと納得。

公開を心待ちにするような作品が何本もあって、しかもそれがことごとく当たり。個人的にはとてもとても充実した映画生活を送れた一年でした。上にあげた作品がすべて新作というのもすごい。アメリカにおける映画界に集まる才能と情熱、マネーの膨大さには感心します。今年もきっと面白い映画がたくさん公開されることでしょう。


2014年の発表、ありがとうございます!  - 2015/01/09(Fri) 22:22 No.2305  

四ツ谷さん、いらっしゃいませ。
今年も書き込み大歓迎、どうぞよろしくお願いします(^o^)。
『MUD』以外は見ていますよー。
どれも面白かったですね。

『ダラス・バイヤーズクラブ』の主人公をうまくまとめていただいて、そうだなぁ、人間は多面体だなぁと改めて思いました。
レイヨンを演じたジャレッド・レトもアカデミー賞助演男優賞を受賞しましたね。数年前にジョン・レノンを暗殺した人を演じるためにものすごく太っていましたが、今回はえらく痩せて、彼も目立たないけど頑張っていますね。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は植物の人が好き(^_^)。あと主人公と女性キャラクターの遣り取りが可笑しい。テープの曲は知らない曲ばかりで残念。

『ゴーン・ガール』。「結婚――いかなる羅針盤もかつて航路を発見したことのない荒海。」とか結婚についての格言を検索すると、ちょー面白いですよ。あの夫婦も第2ラウンド、第3ラウンドと続いていって、気がつけば金婚式ってことになっているかもしれませんです。

ところで愛媛にはIMAXシアターがあるのですね!スゴイや。20年くらい前に大阪のIMAXで見たことがありますが、自分がその場にいるような感じになりました。ノーラン先生がこだわったと言うのならIMAXで見るべき映画だったのかもしれません。
IMAXならぬ『ベイマックス』はジョン・ラセター監督作の中でも最もスクリーンで見るべき映画でした。今年は『ベイマックス』で最高の幕開けとなりました。四ツ谷さんにとってもよい映画年でありますように!


更新状況>2014/12/31 投稿者: 投稿日:2014/12/30(Tue) 23:10 No.2303  
年内最後の更新をしました。
12月のカレンダーにテッケンの上映会を追加しました。
http://cc-kochi.xii.jp/calendar/2014_12.html


1月と2月のカレンダーに追加しました。
http://cc-kochi.xii.jp/calendar/2015_01.html
http://cc-kochi.xii.jp/calendar/2015_02.html

上映中&予定のページは、大心劇場の上映案内もあります。
大心劇場のホームページが、いつの間にか綺麗になっています。
http://cc-kochi.xii.jp/jouei01/jouei-index.html

-----------------------
2014年は更新が滞ることが多く、我ながら残念でした。
2013年のオフシアターベストテンのレポートも、ちと難しいかも(^_^;。
ベスト・キャラはやりますので、年が明けたら是非、投票しに来てくださいね。
のぞきに来てくれた人、ありがとう!
あなたの宝くじが当たりますように(^人^)。オイノリ。
そして、来年もどうぞよろしくお願いします。


更新状況>2014/12/22 投稿者: 投稿日:2014/12/21(Sun) 18:37 No.2302  
12月のカレンダーに『ワン・デイ23年のラブストーリー』追加しました。終わってからで誠に申し訳ありません。
http://cc-kochi.xii.jp/calendar/2014_12.html

1月のカレンダーに追加しました。
http://cc-kochi.xii.jp/calendar/2015_01.html

かるかんからブログの感想へリンクしました。
http://cc-kochi.xii.jp/jouei01/karukan.html

上映中&予定を更新しました。
http://cc-kochi.xii.jp/jouei01/jouei-index.html

--------------------------------
バタヤンを見たら、こまどり姉妹もね!
平均年齢を下げに行かねば(^Q^)。


更新状況>2014/12/15 投稿者: 投稿日:2014/12/14(Sun) 19:06 No.2301  
12月のカレンダーに今更の『0.5ミリ』千秋楽を追加しました。
1月と2月のカレンダーアップしました。
http://cc-kochi.xii.jp/calendar/2014_12.html
http://cc-kochi.xii.jp/calendar/2015_01.html
http://cc-kochi.xii.jp/calendar/2015_02.html

上映中&予定のページも更新しました。
http://cc-kochi.xii.jp/jouei01/jouei-index.html

--------------------------------
長らく更新をサボっていてスミマセンでした。
風邪ひいたりでねぇ(とほほ)。
見逃したものパスしたもの多いですが、それでも100本は行きそうです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -
Modified by isso