チネチッタ高知★掲示板
[ホームページ] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
メッセージの中には参照URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

「25年目の弦楽四重奏」のご紹介、ありがとうございます 投稿者:ガビー 投稿日:2014/06/16(Mon) 21:16 No.2281  
掲示板へのアップ、ありがとうございます。

フィリップ・シーモア・ホフマンについては、他に機会があれば「ラブ・アクチュアリー」の監督の手によるハチャメチャな音楽コメディ「パイレーツ・ロック」とか、ダニエル・クレイグと声優競演したフィルム・ノワール調アニメーション「ルネッサンス」とか上映してみたいです。

あ、「いとしきエブリデイ」、7月30日(水)上映に決まりました。


いえいえ、どういたしまして。  - 2014/06/22(Sun) 22:39 No.2282  

こちらこそ、情報、ありがとうございます。
そして、『いとしきエブリデイ』の上映もありがとう!!
嬉しいな(^o^)。

フィリップ・シーモア・ホフマンは、色々出演しているのですねぇ。
その二つとも知りませんでした。
『フローラー』だったかな、ロバート・デ・ニーロと共演した。ドラッグ・クイーンの役でしたが、やはり上手かったデス。それにデ・ニーロも今までと違う微妙なキャラクターでとてもよかったんですよ〜。もし、まだ見てないようでしたらDVDでもおすすめです。


25年目の弦楽四重奏 投稿者: 投稿日:2014/06/16(Mon) 06:06 No.2280  
フィリップ・シーモア・ホフマン、クリストファー・ウォーケン、名優たちの競演で贈る珠玉作
「25年目の弦楽四重奏」(ヤーロン・ジルバーマン監督)

6月25日(水) 高知県立美術館ホール
13:30  15:30  17:30  19:30 
前売1300円、当日1500円、シニア・障害者1300円、ICS会員1100円、賛助会員1000円、高校・大学生 800円

主催はシネマ・サンライズです。


更新状況>2014/05/26 投稿者: 投稿日:2014/05/25(Sun) 19:43 No.2279  
カレンダーに追加、アップしました。
http://cc-kochi.xii.jp/calendar/2014_07.html
http://cc-kochi.xii.jp/calendar/2014_06.html
http://cc-kochi.xii.jp/calendar/2014_05.html

上映中&予定も更新しています。
http://cc-kochi.xii.jp/jouei01/jouei-index.html


『フツーの仕事がしたい』上映会のお知らせです。 投稿者: 投稿日:2014/05/25(Sun) 19:25 No.2278  
カワウソシネマ第3回作品
『フツーの仕事がしたい』

2014年6月21日(土)
12:30/14:00/15:30/17:00/18:30
(※各回定員40名)

喫茶メフィストフェレス2階メフィストホール

前売券¥1000 当日一般¥1200
08019954005(吉永)


「許されざる者」 投稿者:ガビー 投稿日:2014/05/10(Sat) 22:53 No.2274  
ブログの方で、「許されざる者」のかるかんを拝読しました。

以前から、何となく「許されざる者」というタイトルに軽い違和感を感じていました。クリント・イーストウッド版も李相日版も主人公はアウトローなので、もともと道義的な意味でも社会的な意味でも、自分が“許されよう”などとは思っていない存在であり、当然のことをタイトルにしているという違和感だったと思います。

でも本当の“許されなさ”というのは、第三者に許されるかどうかではなく、お茶屋さんが「自責の念」と書かれていたように、自らの贖罪意識を問題にしたタイトルだったのですね。多くの人を殺めれば、事情はどうあれ、相手に対してもその家族に対しても、自責の念に一生駆られることになる。そのことがわかっていても、自分の信義に照らして、ふみこえるべき線を踏み越えていく。一生許されることはないという自責の念をかかえて、その覚悟を背負って生きようとする者が“許されざる者”だったのですね。

タイトルの意味が解けたというか、より深まったというか、お茶屋さんの卓見で得心がいった気がします。


わたしもよくわからなかったのですが・・・  - 2014/05/11(Sun) 19:08 No.2276  

ガビーさん、過分なおほめにあずかり恐縮です。
映画の作り手が贖罪意識を問題にしていたかどうかはわからないのですが・・・・。原題の「Unforgiven」は神様に許されない者(事)ということかなと思っています。アメリカでは神様がいないと自責の念もないんじゃないかなぁ。日本ではお天道様ですけどね。『お天道様に顔向けできない人たち』っていう題名だとコメディになりそうですね(笑)。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -
Modified by isso