遠い銀幕

ジェームズ・サットンを銀幕で観るという夢が遠のいたと思ったわけは、ソープ・オペラの登場人物の多さと、その中の実力俳優の存在を認識したせいだ。これだけ多くの俳優がいて、実力もありそうなのに、プロフィールを見ても演じた作品数が少ない。まあ、プロフィールからキャリアの質量を計れるものではないと思うけど。
私が実力俳優と感じたのは「ホリヨークス」でジョン・ポールの母マイラを演じたニコール・バーバラ・レイン。所帯じみた風貌に女手一つで子ども6人を育ててきたバイタリティーを感じさせられる。また、愛情豊かで直情径行なマックィーン気質は、マイラから子供たちに受け継がれているのではとも思う。
買い物に行った先で「あなたの息子はゲイで、つきあっていた私の娘は傷ついている」とかなんとか寝耳に水で、むかむかカッカしながら帰宅して息子に詰問するシーン。


「さてと」「何だよ?」「お前は」「ぼくが何?」「ゲイなの!?」「ちがうよ!!!」
と詰問調だったのが、

落ち着いてきて「私は、あなたのママよ。隠しごとはイヤよ。理解したいのよ。」と受け入れ態勢。

待ち受け態勢。

ついに告白。

よしよし。

でも、どうしましょう。

その日は、長女ジャッキーが出所してくる日だったけれど、告白騒ぎでお帰りパーティーの準備半ばのまま日が暮れて・・・・。
「僕のせいだね」「長い1日だったわ・・・。え、ちがう、あなたのせいじゃない。」「ふう。おやすみ。」「おやすみ」。自室へ向かうジョン・ポールを呼び止めて「愛しているわよ」「僕も」というような何気ない会話の後、

ひとり残ったマイラのすすり泣き。
こんなに美人で色っぽい人なのに、化けてる化けてる(笑)。

(74) Hollyoaks – John Paul & Craig – (08/02/07) PART 1
4分40秒当たり(カッカしてる)と7分15秒当たり(落ち着いてきてる)からマイラとジョン・ポールのシーン
(75) Hollyoaks – John Paul & Craig – (08/02/07) PART 2
1分35秒当たりから何気ない会話の始まり

「遠い銀幕」への2件のフィードバック

  1. ホリヨークスの映像、初めて観ました(キャッホゥ!)
    このお母さん、魅力的~。
    (もちろんジャン・ポールも(笑))
    このところケーブルTVで英国のミステリードラマよく観るんですが、こういう実力派の俳優さんって山のようにいるんだな~って感心します。
    (やっぱり銀幕のサットン君は・・・遠いかなあ?)

  2. ムーマさん、動画、観てくれたの!
    ありがとうございます(^o^)。
    観てほしかったけど、観てもらえるとまでは思ってなかったし。そのうえ、マイラお母さんを気に入ってもらえて、とても嬉しいです。
    >山のようにいるんだな~って感心します。
    ね~。
    私は英国も日本みたいなもので、テレビも映画も出演する俳優さんは、かぶってるんじゃないかと思っていたのですが、日本より俳優の層が厚いかもと思い始めました。
    銀幕のジェームズは、30代に期待しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。