ナルニア国物語第3章 アスラン王と魔法の島

今回もカスピアン王子・・・・でなくて王(ベン・バーンズ)の声を菊之助が当てているのだった。ああ、いい声~。それだけでカスピアンを好きになってしまうのだ。
エドマンド(スキャンダー・ケインズ)もルーシー(ジョージー・ヘンリー)も私好みの顔で見あきない。
また、いろいろな冒険が待ち受けているので退屈する暇がない。
誘惑されやすいエドマンドは健在だし(笑)、今回はユースチス(ウィル・ポールター)という腰抜け文句言い少年が加わって、さらに面白くなっている。やはり映画には、とほほキャラはどうしても必要なのだ。
エドマンドとカスピアンが張り合うところとか面白いし、ユースチスとリーピチープの別れのシーンなんかも泣かせる場面になっている。
ナルニア物語は、まだ続くのだろうか。私としては異教徒との戦いをちゃんと描いてほしいと思う。天国で異教徒と再会するのが印象に残っているんだけど。結局、キリスト教徒もイスラム教徒も目指すところは同じだった、そんな結末じゃなかったけ?
(TOHOシネマズ高知3 2011/03/19)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。