倫敦から来た男

これぞ活動大写真!
美しいモノクロームの写真がゆっくり動く。あまりにゆっくり動くので、「うげげ、ソクーロフか!」と初めの数十秒くらい心配したけど、ソクーロフより鮮明で難しくもなく、ひじょーに私向きだった。
ワンカット、ワンカットが美しい~。上下左右にカメラが動くのは当たり前。望遠レンズで前後にも動く。また、被写体もいいのだわ。美男美女ではない俳優が美しい~。夜も昼も。いろんなトーンの光も。海も船も汽車もアパートもホテルのカフェバーも。
音と音楽も独自のものがあったと思う。
The Man from London 監督:タル・ベーラ
(高知県立美術館ホール 2011/05/15 高知県立美術館ホール)

「倫敦から来た男」への2件のフィードバック

  1. 独特の美しさでしたね。
    でも、私途中でやめて帰ってしまいました(涙)。
    その前に観た『アンチクライスト』で、体力使い果たしちゃったみたい。
    悔しかったなあ。最後まで観たかった。(トリアーさん、恐るべし。)

  2. >『アンチクライスト』で、体力使い果たしちゃったみたい。
    わかります。
    私もトリアー疲れで、初めの方、うとうとしたところがありました。
    すべてはトリアーのせい!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。