ザッツ・エンタテインメント

わくわくニコニコ。頬がゆるみっぱなし(^_^)。
きっと、昔のミュージカル映画をたくさん観ている人ほど楽しいだろうなぁ。少ししか観ていない私でもとても楽しかった。
トーキーになって俳優は誰もが歌って踊らされたということで、クラーク・ゲーブルが踊り、ジェームズ・スチュアートが歌う(^o^)。
エンタメの世界でも世相は反映するみたいで、4,50年代は軍服ミュージカルが多かったのね~。
荒廃したセットを背景に往年のスタアが昔を語り、次のスタアに解説をバトンしていく。きらびやかな映画のワンシーンとうらぶれた撮影所を交互に見て、栄枯盛衰、諸行無常を感じる(笑)。
元水泳選手の水中ミュージカルには、もう、お腹の底から笑いが込み上げてきた。シンクロナイズドスイミングはミュージカルだったんだぁ!アイデアもやっていることも、観客を楽しませる目的一直線で嬉しくなってくる。
若いときのビング・クロスビーのキラキラ美男子ぶりに目を見張り、年を取ってもエレガントなラッキョウおじさん、フレッド・アステアの紳士ぶりにうっとり。
重力を感じさせないアステアの踊り(はぁと、はぁと、はぁと)!アステアとジーン・ケリーが共演した映画、あれ、観たい!二人が年を取ってもいっしょに踊りまくって握手するという素敵なワンシーン(じ~ん)。
そして、なんと言ってもジュディ・ガーランド!子どものときから歌がうまい!これが才能というものなのね。額とか左右の眉が離れているところとか、ちょっとマリリン・モンローを彷彿させられる。永遠のベビー・フェイス。この映画で登場する分量が多いので、この映画は彼女に捧げられたような気がする。
娘のライザ・ミネリが「映画は記録として残るから良い。『彼女は誰?』と思ったら映画の中に答えがある。」と言っていた。(「彼」は誰?だったかもしれない。)まさにそれが映画の良さだ。単に過去のフィルムを編集しただけでなく、かつてのスタアが解説していく贅沢さが、「ザッツ・エンタテインメント」なのだ。
THAT’S ENTERTAINMENT! 監督:ジャック・ヘイリー・Jr
(2011/08/05 TOHOシネマズ高知1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。