プリート・パルン傑作選

『おとぎ話』
この猫は私だ。いくつもの仕事を抱えて、コレをやるためにはアレをして、アレやるためにはソレが先。どうどう巡りで時間だけが過ぎて行く。その堂々巡りをナンセンスなアニメーションに変換すると、地平線かと思った線がシーソーになったり、帽子が池で池が帽子で帽子をかぶった人が釣りをしていたり、数珠つなぎになっている。パルンの頭の中は面白いなぁ。
『カール・アンド・マリリン』
ははは。笑った。マルクスに似た風貌のムキムキマン・カールとモンローに似た(母を殺して三千里)マリリンが、一目会ったらどうなるか。zzzz・・・・・(・_・)。眠ってしまい、残念。
『ガブリエラ・フェッリなしの人生』
zzzzz・・・・・(・_・)。意識不明。
『世界は本当にまるいの?』
わかりやすい。まるいことを歩いて確かめるロード・アニメーション。これがソ連で公開禁止だったとは。
『森のなかのマジシャン』
『おとぎ話』の応用編みたい。zzzzz。
『パルノグラフィ』
zzzzz。深読みすることが出来るアニメと言われていた。単純人間お茶屋には「意味ないじゃーん」「ハハハハハ」としか思えないところが悲しい。zzzzzzっていうのも、かなしひ。
『トライアングル』
ははははは!艶笑喜劇。
『ホテルE』
????わからなかったけど面白かった!
『法王のいない一夜』
オリガとプリートのパルン夫妻が、海辺の家の大きなガラス窓に絵を描いていく。マジック?水性?油性?あとで消すの?そのまま?気になって眠れなかった。(消していた。)
『雨のなかのダイバー』
白黒の美しいアニメ。詩情があっていいなぁ。ちょっとzzz。もったいない。
(高知県立美術館 2011/08/13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。