ツリー・オブ・ライフ

natureに生きるか、graceに生きるかって、natureも神が作ったものなら、どちらの生き方も神の恩寵の中で生きるってことじゃないのかなぁ。ジャック(ショーン・ペン)は、母(ジェシカ・チャステイン)を亡くしたことをきっかけに、母と弟がgraceに生きることを教えてくれたと回想する。でも、神は大地(星)から作っていったんだと思いを巡らせていくうちに、natureもgraceも同じではないかと思い始めたのではないだろうか。ジャックが働くオフィス街。ビルの谷間から見上げると、そこにはやっぱり光がある。この映画はあらゆるものが美しく、grace=光ある世界に生きる喜びを描いているんじゃないかと思うんだけど、ジャックは浮かない。母を亡くしたばかりで思索にふけっているからかな?(19才で弟が亡くなったとき、父(ブラッド・ピット)は教会で赤いガラスに蝋燭の火を灯し、母を亡くしたジャックは青いガラスに火を灯す。このガラスが、きれい~。)それでも、沈んだ思いからふと抜け出して、天国での再会を想像してみると、少しは安らぎを覚えるのではないだろうか。
だけど、私にとって神の世界は割とどうでもよくて、やはり、人生の濃縮期間、ジャック少年(ハンター・マクラケン)の心の動きの瑞々しさが~~~(ToT)。よかったー。全シーン、よかったー。父親、死んでしまえと思い、神様にお願いする。そうそう!そのために神様はいるんだよぉー。何も自分で殺す必要はない(?)。色んな人の歩き方を真似するところ、溺れた友だち、火事にあった友だち。窓ガラスを割ってシュミーズを盗んで。父と合奏できる弟(ララミー・エップラー)に嫉妬して。
特に弟との遣り取りには泣けた。鉄砲で撃ったことを弟が許してくれたときのジャックの気持ちがわかる。その後、ジャックは友だちにも優しくなれるのだ。やっぱり、許しとか優しさの連鎖がいいねぇ(涙)。
神は天にいまし、すべて世はこともなし。
三男(タイ・シェリダン)
THE TREE OF LIFE 監督:テレンス・マリック
(2011/08/20 TOHOシネマズ高知3)
[追記]
ツリー・オブ・ライフ(みんなのシネマレビュー)の感想がよかったです。ぜひ、ご覧ください(^o^)。

「ツリー・オブ・ライフ」への2件のフィードバック

  1. お茶屋さん、こんにちは。
    30日付の拙サイトの更新で、こちらの頁を
    いつもの直リンクに拝借したので、
    報告とお礼に参上しました。
    僕もわりと神か自然かなんてとこは、どうでもよくて、
    もっぱら父子物語として観てましたが、
    そうだったからこそ、
    「そのために神様はいるんだよぉー。
     何も自分で殺す必要はない(?)。」には、
    大いに感心。やっぱ神様、必要ですな。
    不全感の連鎖でなく、許しとか優しさの連鎖がいいと
    僕も思います。
    どうもありがとうございました。

  2. >やっぱ神様、必要ですな。
    ははは、そうですね。
    いろいろ役だってくれてるのかも(笑)。
    ところで、マリック監督って哲学を勉強してたんですってね。実は『ミッション:8ミニッツ』のダンカン・ジョーンズ監督もそうなんですよ。
    父親のデヴィッド・ボウイが、ずーっと前に自慢していました(笑)。新作の評判も上々でとても楽しみです。
    直リンクとご報告、ありがとうございましたー(^o^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。