ゴッドファーザーPART2

あああ、やはり家族の映画はイイ(ToT)。もう一回観たい。
家族のために裏の仕事をしてファミリーを築いていったビトー(ロバート・デ・ニーロ)。ファミリーを維持するため家族を犠牲にしていったマイケル(アル・パチーノ)。
マイケルは時代が違うと言うけれど、父ビトーとは器も違った。マイケル、怖いよ~、冷たいよ~。でも、彼は父のようになろうと懸命だった。父の誕生日(真珠湾攻撃の日だった)のことを思い出すマイケル。帰宅した父を家族が一斉に迎えに出るが、マイケルはひとりテーブルに残っている。父のようには、なれなかった自分を思うとき、この日を思い出すのか・・・・。苦く虚しい。PART1もよかったが、PART2が更に素晴らしいと思うのは、主人公がより可哀想だからだ(涙)。そして、最も美しいデ・ニーロを拝観できる(はぁと)。(ちなみに最も美しいパチーノは『セルピコ』ですからぁ~!)
ビトー9歳(1901年)からキューバ革命後のマイケル公聴会勝利(1959年)まで、アメリカの今昔も目に美味しい。郷愁を誘うニーノ・ロータの音楽が今も聞こえる。
トム・ヘイゲン(ロバート・デュバル)
フレド(ジョン・カザール)
コニー(タリア・シャイア)
ケイ(ダイアン・キートン)
MARIO PUZO’S THE GODFATHER: PART II 監督:フランシス・フォード・コッポラ
(2011/09/19,23 TOHOシネマズ高知3)

「ゴッドファーザーPART2」への7件のフィードバック

  1. 学生の頃に映画館で観たんですが、きっとぜ~んぶ忘れてます。なので、絶対観ます!(お茶屋さんの感想ナナメに見たら、是非行かなくちゃ!!って思いました。)
    あ、来週のディア・ハンターも。こちらは一度も観たことないんです。スクリーンで観る日が来るような気がしてず~っと待ってました。
    観た後でチネチッタの感想読もうと、今から楽しみにしています[E:heart04]

  2. ぜひぜひ、ご覧ください\(^o^)/。3時間半があっという間です。
    『ディア・ハンター』もぜひ!2本ともデ・ニーロが出演しているので、よかったら「鬼の対談」も読んでやってください。
    良いデ・ニーロ、悪いデ・ニーロ
    http://cc-kochi.xii.jp/taidan/0205deniro.html

  3. 観てきました~。予想通りぜ~んぶ忘れてたので新鮮な気持ちで観られたのはいいんですが・・・これほど辛く、冷たく、可哀想な映画だったとは。学生の頃、どこ見てたのかしら。
    大体、あの美しい(ほとんど信じられないほど)デ・ニーロが全く印象に残ってない(苦笑)。マイケルの方に傾いて見てたんでしょうね。親と子だったら子の立場の方に、当然感情移入してしまうような頃だったので。
    それにしても、終盤はこの人も死ぬ(殺す)んじゃないか・・・ってばっかり思って、もう寒さに震えながら観てました。(終わってから、『大鹿村騒動記』をハシゴする気になったくらい。で、ハシゴして正解だったと(笑)。)
    でも、名作だと思いました。パートⅠは詩情に近い余韻が残る名作。こちらは・・・「身を切られるような」かな?
    とにかく観てほんとに良かったです。どうもありがとう!

  4. デ・ニーロ、綺麗だったでしょう(^o^)。嬉しいな~。私が観たのは80年頃でパチーノも好きだったはずですが、デ・ニーロばかり観てたかも。今回、こんなに出番は少なかったっけ?と思いました。
    私は『PART1』も、父ちゃん亡くなった~というか、裏社会に入っちゃった~というか、マイケルの行く先の不安感というか、そういうのが強くてラストはやっぱり湯治に行きたくなるような寒さを感じたのですが、『PART2』は更に寒く、むなしさまでプラスされて、しかも涙も出ないという渋いというか苦いというか、なんとも複雑な思いがしました。若い頃はどうだったかな?今度、感想ノートを探してみようと思います。
    とにかく、えらいぞ『PART2』!『PART2』のおかげで、ムーマさんが『大鹿村騒動記』楽しめたんだもんね[E:bullettrain]。

  5. 「良いデ・ニーロ、悪いデ・ニーロ」気になって、読んじゃいました。(ディア・ハンターのとこは飛ばして)
    面白かった~(笑)。お友だちとの会話もう最高!!!
    デ・ニーロがいかに沢山の作品に出てて、いかに自分が観てないかもよくわかりました(あはは)。
    あ、でも、私テレビでですけど『フローレス』観てます。(珍しくもなぜか覚えてる。)フィリップ・シーモア・ホフマンを初めて観て「この落ち着き払った!俳優さん誰なんやろ?」って思ったから(笑)なんですが、デ・ニーロが受けのとても上手い人なんだと初めて知った記念すべき作品でした。
    いや~『ディア・ハンター』楽しみです。
    (でも、『セルピコ』ももう一度スクリーンで観たいなあ。昔観たときは怖くって、パチーノの美しさどころじゃなかったみたい(苦笑)。残念なことしました。)

  6. >読んじゃいました。
    ありがとうございます(^o^)。
    読み返すと自分でも結構おもしろいです(笑)。
    『フローレス』の受け演技がよかったとのこと、やっぱりデ・ニーロはイイ俳優なんだ~。
    ここ10年ばかし、デ・ニーロ映画が当地にこないので寂しい限り。
    『セルピコ』はテレビでしか見たことがないのです。だから怖いシーンはカットされていたのかもしれないですね。パチーノ映画で好きなのは『スケアクロウ』で、名画座で何回も観ました。初めはパチーノが演じたライオンが好きでしたが、しまいにはジーン・ハックマンが演じたマックスが大好きに。ジーン・ハックマンもいい俳優ですよね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。