ディア・ハンター

31年ぶりに観た。
出征前、「大事なものは全てここにある。」とニック(クリストファー・ウォーケン)は言い、負傷したスティーブン(ジョン・サヴェージ)は「帰りたい」とヴェトナムの川べりで泣く。そして、マイケル(ロバート・デ・ニーロ)は、スティーブンとニックを連れ戻す・・・・。ソ連との冷戦時代、ロシア系アメリカ人3人が出征し、ペンシルベニア、クレアトンに帰還する。ロシア系の名前でもアメリカ人。どんなに傷ついても、骸となっても、慰めてくれる人、弔ってくれる人がいるところへ帰る。それが故郷だというふうに描かれていたと思う。
そして、今回、堂々の恋愛映画だったことに気がついて焦っている。純情可憐な男たち~。そんなわけで、出征前のクレアトンでの一幕は、ちっとも長いと感じなかった。
アンジェラ(ルターニャ・アルダ)と結婚したスティーブンが、こっそりニックに打ち明ける。アンジェラとは寝てないって。それでは、彼女のお腹の子は????この時代、未婚で子どもを産むのは外聞がよろしくなかっただろうから(しかも閉鎖的な雰囲気の田舎町)、スティーブンは彼女のためを思って決意したのか。それほどまでに好きだったのね。第三幕、ニックの葬式ではアンジェラの子どもをスタンリー(ジョン・カザール)が抱いていたけど、これは深くは考えまい。
マイケルは、ニックの恋人リンダ(メリル・ストリープ)にずっと片思いで、スタンリーが紹介する女性とはその気になれず。ニックもそれはわかっていて出征前の思い出にという気でか、スティーブンの結婚披露宴で「踊れよ」とリンダを「貸す」のだ。だけど、マイケル、踊りが苦手で~~(^o^)。得意のバーで酒(の勢い)作戦。・・・が、これが裏目に出た(笑)。ニックが現れるとリンダは、彼に飛びついていく。マイケルから逃げるように。(この披露宴のシーンは、マイケルの視線の先にニックとリンダがいて、大好きな二人をいっぺんに見れてよかったねー(?)と(笑)。なんか複雑。)
そんなだから、第三幕のニックの不在中、マイケルの心中を想像すると更に複雑だ。ニックの葬式のあと、マイケルはリンダのことが心配で頻繁に視線を送っているが、なかなか視線が合わない。おしまいには視線が合って、目と目で語り合っていたので、二人は続くだろうと思う。
ヴェトナムでニックを退院させたお医者さん。その後の彼を知っているだけに「退院させるなー」と思った。明らかにおかしいでしょうに。両手を失った兵士もそばにいて、心の傷と対比させていたのも印象深い。心の傷と言えば、マイケルも無傷ではない。帰還後、スタンリーの銃を取り上げ、ロシアン・ルーレットよろしくスタンリーの額に当てて引き金を引く。引き金、引いちゃいかんでしょう。「入院させろー」とは思わなかったけど、「正気じゃない」とは思った。戦争について思ったことは、それくらいだろうか。
チミノ監督は、破綻含みの作品が多く『ディア・ハンター』も例外ではないけれど、これだけ情のある骨太作品を撮れる人はなかなかいない。俳優も素晴らしくウォーケン、デ・ニーロはもちろん、M・ストリープが神々しいばかりに美しく、ナサケナ風味な伊達男を演じたJ・カザールもよかった。
アクセル(チャック・アスペグレン)・・・立ちション中、置き去りにされる。
ジョン(ジョージ・ズンザ)・・・飲むと笑い上戸。聖歌隊。ピアノ弾き。スクランブル・エッグを作りながら泣いていた。
[追記]
やっぱり書いておこう。
帰郷後の鹿狩りでの字幕に物申す。マイケルが狙いをそらした後、鹿に向かって言う「OK」が字幕では「満足か」と訳されていた。ここは素直に「いいのか?」と訳してほしかった。去っていった鹿にもう一度「OKーーー!」と言うのは「いいだろーーー!」でいいだろーーーー!?
[追記2]
う~ん、引きずるなぁ。
最後のロシアン・ルーレットのシーンで、ニックが思い出しそうになって、マイケルは「木、木が好きだったろう」と必死で促す。ニックは思い出して「One shot?」と言って、マイケルは「(そうそう!)One shot」と喜ぶんだけど、ニックの頭の中では、そのワンショットがロシアン・ルーレットのワンショットに変換されてしまうのだ。こんなところでワンショットつながり。あああ(涙)。
幸いなことに先週『ゴッドファーザー PART2』、今週『ディア・ハンター』とデ・ニーロ続きで、うん年ぶりにデ・ニーロ・フィーバーしているものだから、『ディア・ハンター』の重さが緩和されている。いいよね~、デ・ニーロ。
THE DEER HUNTER 監督:マイケル・チミノ
(TOHOシネマズ高知3 2011/09/27)
とっておきの青春(番外)『ディア・ハンター』で書いた「マイケルが座るときすかさずパンツを敷いてやるという、古女房ニックを目撃することが出来ます。」というのは間違いだった。パンツに腰を下ろしたのはニック本人。マイケルの持ち物には上着を掛けてあげていた。

「ディア・ハンター」への2件のフィードバック

  1. お茶屋さん、こんにちは。
    遅くなりましたが、先の拙サイトの更新で
    こちらの『ディア・ハンター』をいつもの直リンクに拝借しています。

    「戦争について思ったことは、それくらいだろうか。」との
    “堂々の恋愛映画”たる本作に気づいた再見に、大いに共感。
    僕もニックとマイケルとリンダの関係に専ら目が行ってました(笑)。

    お茶屋さんは「二人は続くだろう」との予測ですが、
    それって、かなりの“希望的観測”じゃありませんか?
    二人は、ニックを超えていけるんでしょうかねぇ、果たして。
    超えて行けるほうが望ましいに違いないんですが、
    ベトナム体験と同じく、事はそう簡単ではなさそうに思いました。
    “ニック・ザ・ベトナム”って、作品ですし、ね。

  2. ヤマちゃん、リンクとコメント、ありがとうございます。
    お葬式後の会食場面のアイコンタクトで、二人は続くだろうと思ったのですが、続いたとしてもニック抜きの関係じゃないから、暗~いものになりそうですね。二人はそれぞれニックを知らない恋人を見つけた方が幸せかもしれません。
    戦争の傷って様々ですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。