ミッション:8ミニッツ

話が面白い。音楽がいい。透きとおった映像と演出に細やかなセンスを感じる。SFエンターテインメントと思っていたら、生きる喜びや希望まで抱かせてくれるとは嬉しい驚きだった。
(以下、いきなりネタバレです。)
死亡前8分間の他人の記憶の残像に入り込む装置だと思ったら、実はパラレルワールドへの転送装置だったとは、開発者であるラトレッジ博士(ジェフリー・ライト)さえ気がつかなかったことを、コルター・スティーヴンス大尉(ジェイク・ギレンホール)は実地に体験し証明した。私は証明の部分(グッドウィン大尉(ヴェラ・ファーミガ)がコルターからのメールを受信するシーン)は、生命維持装置をつけたコルターにもささやかな希望を感じさせるシーンになってはいたが理に勝ちすぎている気がして、その前のシーンで終わってもよかったと思った。
列車の中で漫談を聴いてさんざめく人々の笑顔や輝く樹木などが、コルターとクリスティーナ(ミシェル・モナハン)がともに別の世界で生きていく喜びを表している。このシーンを記憶にとどめ、あの不思議な物体(どこでどうつながっているのか、幾人もの「私」が形を変えて存在している)を見上げる主人公をラストシーンとしたい。
そうそう、主人公がアフガンで負傷したという設定はアメリカの今を写していていいし、コルターが電話で父と話すシーンも心に染みてよいと思ったけれど、コルターが別世界で身も心も乗っ取った人には悪いなぁと思ったことであった。
SOURCE CODE 監督:ダンカン・ジョーンズ/脚本:マーク・ゴードン、フィリップ・ルスレ/音楽:クリス・ベーコン
(2011/11/02 TOHOシネマズ高知8)

「ミッション:8ミニッツ」への2件のフィードバック

  1. >コルターが別世界で身も心も乗っ取った人には悪いなぁと
    私もそれだけ気になって・・・。
    ラストはお茶屋さんの言われる方が気持ち良い終り方になりますね。
    ただ、私は最後に主人公の身体(実物)が映ったとき、やっぱり胸に迫るものがあったので、あそこまで話を続けたのもわかる気がしました。

  2. everything will be all rightっていうデヴィッド・ボウイ(ジョーンズ監督の父ちゃん)の歌がありましたが。
    そうですね、オリジナル世界のコルター大尉のシーンで終わると深みがでますね。私も胸に迫るものがありましたよ。あのラストもいいかな(^_^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。