華麗なる賭け

午前十時の映画祭「青の50」に選ばれたのは、マックィーンの魅力につきると思う。それほどチャーミングで身のこなしが軽く切れもよく、格好つけているのが格好イイ。
犯罪場面やラブシーンなど、それらしい場面にそれらしい音楽が付けられているのが可笑しかった(^Q^)。
トーマス・クラウン(スティーヴ・マックィーン)
ビッキー(フェイ・ダナウェイ)
THE THOMAS CROWN AFFAIR 監督:ノーマン・ジュイソン
(2011/11/20 TOHOシネマズ高知4)

「華麗なる賭け」への2件のフィードバック

  1. >午前十時の映画祭「青の50」に選ばれたのは、マックィーンの魅力につきると思う。
    ホントホント。そういう映画ですね。
    でも、マックィーン好きなので観に行きました[E:happy01]
    以前(TVで)制作中の裏話が出たとき、マックィーンはこの映画に出るまでスーツ着たことがなかったんだそうです。似合うかどうか、スタッフはハラハラしてたとか。
    「格好つけているのが格好イイ」若い頃の彼らしい話だな~と[E:confident]

  2. >スーツ着たことがなかったんだそうです。
    あらまあ!
    だけど板についていましたね。さすがスタアだなぁ。思えばマックィーン、ファッションショウな映画でした。>『華麗なる賭け』
    あ、フェイ・ダナウェイも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。