ひろしま

この作品で最も力を入れたという原爆投下直後のシーン、実はそれほど衝撃を受けなかった。観たことあるぞーと思ったのだ。テレビドラマや映画やその他の媒体で少しずつ観たことがあるような気がした。皮がむけて、むけた皮が両手の先からぶら下がっている。そこまで描いているのかと思っていたので、私の想像よりはきれいだと思ってしまった。
ただ、東京電力の福島原発事故についての政府の発表やら対応やらと重なるところがあって、よく事故と同じ年にフィルムが発見されたものだと思った。

監督:関川秀雄
(高知県高等学校・障害児学校教育研究センター 2012/02/18 自由民権記念館)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。