マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

首相まで務めた母マーガレット(メリル・ストリープ)の老いと病に、涙目の娘キャロル(オリヴィア・コールマン)は何思う。見所はメリル・ストリープだけだろうと思っていたら、意識の混濁の境界線が上手く描かれていて思いのほか面白かった!自分が呆けつつあるのを自覚できているというのがにゃんとも!
格差社会創設(又は増強)の立役者の一人で、UK映画で良く言われたことがない人物ってことで浮かんだ感想は、「庶民の出だったの。知らなかった。」「紅一点だったのか。知らなかった。」「鉄の女は弱きをくじく。」など。
衣装の青、青。若手俳優から中高年俳優への移行に違和感なし。若手俳優、よかったよ。

デニス(ジム・ブロードベント)
若マーガレット(アレクサンドラ・ローチ)
若デニス(ハリー・ロイド)

THE IRON LADY 監督:フィリダ・ロイド
(2012/03/17 TOHOシネマズ高知3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。