幻影師アイゼンハイム

欺されて爽快。
映画も手品も欺されて嬉しいお茶屋にピッタリ。
警部(ポール・ジアマッティ)、あなたもそうですね。真相が閃いて「やられた!」と振り返る嬉しそうな顔。その顔を見て私も心の底から嬉しくなった。

平民アイゼンハイム(エドワード・ノートン)と貴族ソフィ(ジェシカ・ビール)の身分違いの恋は、悲恋に終わるのが当たり前で、いと浪漫ちっく。警部の平民魂にも共感できる。
悪者皇太子(ルーファス・シーウェル)は冤罪なんだけど、それまで散々悪いことをしているから、同情の余地がなく、これまた爽快。
人を欺くならこの映画をお手本にしよう(^o^)!

THE ILLUSIONIST
監督:ニール・バーガー
(シネマ・サンライズ 2012/02/26 蛸蔵)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。