ヤング≒アダルト

映画史上まれにみるバカ女登場!フェミニスト(フランス系)である私は、女性映画もここまできたかと少々の感慨を覚えた。

メイビス(シャーリーズ・セロン)は、ゴーストライターとはいえテレビドラマの脚本家(原作者?)なのだ。それなのにどうして、バディ(パトリック・ウィルソン)の気持ちが読めないのか。バディを見れば、妻子大事は一目瞭然。脚本家として、その観察力・洞察力のなさ、バイヤスのかかり具合の甚だしさはどうなのか。バディにモーションを掛けると彼もフラッとなる場面があるが、これでメイビスの勘違いに拍車がかかる。これって、今までは男性キャラの専売特許ではなかったか。いやいや、やりたい放題、言いたい放題の自己中心的バカッぷりは、これまでの男性キャラをも凌駕している。

しかし、私はメイビスの特異性はこれだけではないと思っている。彼女の頭上、3、40センチのところにもう一人のメイビスがいるのだ。もう一人のメイビスは、無自覚にバカをやっている自分を冷静に見ている。バカをやっているメイビスは、もう一人のメイビスに気づかないまま、突然、方向転換したりするが、それができるのは、頭上3、40センチのメイビスが存在するからこそだ。私の感覚では、そういう気がしてならないのだが、これをまとめて平たく言うと、結局、彼女は自覚的に生きているということになると思う。
どんなバカなことも自覚して言うし行う。そして、その結果はすべて自分で引き受け、(堪え忍ぶことはしないで)転がり続ける。風に吹かれてローリングストーン(笑)。それがメイビスだ。

だいたい30過ぎたいい大人に、誰が真面目に忠告してくれるだろう。メイビスの合わせ鏡的存在マット(パットン・オズワルト)くらいなものではないか。両親ですら触らぬ神に祟りなしだ。自活できる収入があれば、大人は自由である。何週間掃除をしなかろうが、行きずりでセックスしようが、友だちの子どもの誕生日を滅茶滅茶にしようが、人の気分を害そうが、自分も傷ついて人から嫌われるとわかっている人に言うべきことがあるだろうか。
自分で気づくかどうか、方向転換するかどうか。自らを見つめる目と自らの意志が問われる。自立の道は厳しいのだ。

YOUNG ADULT
監督: ジェイソン・ライトマン
(2012/03/31 TOHOシネマズ高知8)

「ヤング≒アダルト」への6件のフィードバック

  1. お茶屋さん、待ってました!

    それにしても、痛烈ですねー。
    しかも激してなくて、冷静に指摘しているだけに痛烈度倍増。
    いやぁ、痺れました(笑)。

    とりわけ鋭いと舌を巻いたのが「バカをやっているメイビスは、
    もう一人のメイビスに気づかないまま、
    突然、方向転換したりするが、それができるのは、
    頭上3、40センチのメイビスが存在するからこそ」とのご指摘。
    お茶屋さんの描いたメイビス像、ものすごくクリアーです。

    自立の道は、本当に厳しんですよねー。

  2. おー、ヤマちゃん、書き込みありがとうございます。
    痺れてくれましたか(笑)。
    メイビスもねー、学習はできてると思うんですよ。
    高校卒業までちやほやされて思いどおりに生きてきたわけでしょ。ところが、社会人となると思いどおりに行かない。言いたい放題したい放題したときの相手の反応も最初はわからなかったでしょうが、この映画の時期はわかったうえでのご乱行(笑)。「ニコニコしてるけど、陰で悪口言ってるんでしょ」みたいな裏切られた感満載の投げやり、やけっぱち具合で。不細工にもなるわけです。作りは良いのに表情不美人ているものですね。

  3. お茶屋さ~ん、昨日はおつかれさまでした。
    映画の話が一杯出来て、ホントに楽しかった~。
    ありがとうございました(感謝)。

    それにしても、『ヤング≒アダルト』であんなに話が弾むとは(笑)。
    ヤマさんの細やかな心理描写も聞けたし、もう感想書かずに満足して終りそうです(満腹~♪)。

  4. ムーマさん、昨日はお疲れさまでした。
    『ヤング≒アダルト』で約2時間!
    けっこう、話が広がりましたね。
    あれほど盛り上がるとは驚きでした。
    ちょー、楽しかったです(^o^)。
    感想書かずに満腹とは、ちと残念ですが、『ラビット・ホール』も書いてほしいし、我慢しますぅ(おちょぼ口)。

  5. お茶屋さん、こんにちは。
    昨日付けの拙サイトの更新で、こちらの頁を
    いつもの直リンクに拝借したので、報告とお礼です。

    「自分も傷ついて人から嫌われるとわかっている人」に言うべきことって、確かにありません。見守るか愛するしかないですね。

    どうもありがとうございました。

  6. ヤマちゃん、いつもリンク&報告・書き込み、ありがとうです。
    メイビスのバカッぷりに呆れながらも、彼女は自業自得を全て自分で引き受けているのが偉い(このまま行ってやれ)と思いながら書いた感想が、えらい、きっついものになっていて(私自身はきついと思ってなかったのですが、ヤマちゃんのコメントで気づかされました)、ビックリしましたわ~(笑)。
    というわけで、メイビスをこっそり見守って行くことにしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。