ラビット・ホール

悲しみ方は人それぞれ、何によって慰められるかも人それぞれ。
けれど、愛する人を失ったつらさと、それでも前を向かなくちゃならないのは皆同じ。そこには時間が平等に働いて、悲しみをポケットの小石に変えてくれるという。

夫婦仲にしても、加害少年に対する夫婦の気持ちとしても、こうあってほしいと願ったとおりになって、美しさが沁みてくる。
キャストがいいし(理想の夫!少年の驚くべき深い瞳!)、脚本も構成といいセリフといい完璧だ。脚本については、犬だけを取りだしてみても凄い。ファーストシーンで空っぽの犬小屋がチラリと映される。その後、ベッカ(ニコール・キッドマン)が実家に帰ったとき犬に吠えられる。餌を与えに来たオーギーが「預かっているんだけど、バカ犬でスミマセン」と言うと、ベッカが「うちが預けた犬で、スミマセン」(笑)。こうして笑いを取ったかと思えば、夫婦げんかの場面で、ハウイー(アーロン・エッカート)は、子どもが亡くなった遠因が犬にあると思ったから預けたのだと訴える。ケンカの末、犬を取り戻してきたハウイーは散歩に出て、犬を叱り飛ばしたことをきっかけに(自分でもそれほど怒るつもりはなかったのだろう。また、ベッカとの間が思いどおりにいかないことや、亡くした息子のことなどが頭を離れないのだろう)、犬を抱きしめて泣き崩れる(涙)。

原作は舞台劇だというが、それがまったく想像すらできないくらい映画的美しさに満ちた作品で、どの場面も印象に残る。プロローグのためらいなく引かれる一本の線から始まり、クライマックスの無音スローモーション(ジェイソンとベッカ)を経て、夫婦二人だけの哀しくも穏やかな黄昏時まで。ジョン・キャメロン・ミッチェル監督。今度は名前を覚えておきたい。

ナット(ダイアン・ウィースト)/イジー(タミー・ブランチャード)/ジェイソン(マイルズ・テラー)

RABBIT HOLE
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル
(シネマ・サンライズ 2012/04/20 高知県立美術館ホール)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。