宇宙兄弟

こどもの日に二人の甥と観に行った。
南波六太(小栗旬)が、兄たる者は弟より一歩先んじなければならないというようなことを独白していたので、甥(兄)に「そういうモノかえ?」とたずねると「そうやろ」と即答だった。不肖の伯母は、「なるほど、先に中学校に入ったしねぇ」と返したのみであった。

弟日々人(岡田将生)は宇宙飛行士として時の人。兄六太は無職で就活中。六太は兄弟で宇宙飛行士になるという夢を思い出し(というか日々人に思い出さされ)、一念発起するというお話。弟に対する祝福と引け目や、兄に対する期待と不服はほどほどに、見所は六太の宇宙飛行士テストとなっている。日の目を見ない閉鎖空間で共同生活しながら課題に取り組むという最終テストは、どうしても萩尾望都の「11人いる!」を思い出してしまう。グリーンカードは「そら来た!」という感じだった(笑)。テストを受ける6人は、マンガのような類型的なキャラクターだけど、それぞれの俳優が嵌っており、とても面白かった。

日々人が月面で大ピンチのとき、同僚を背負っていくのが重そうで重そうで、思わず「月ではもうちょい軽いでしょう」とツッコミを入れた。「軽いじゃ~ん」とニコニコ背負われても興ざめだし、演出上、月の重力を無視して描くのは、やむを得ない場面かもしれないが、ここは軽そうに背負っても深刻な状況に変わりないことを表現してほしかった。

甥は二人ともこの映画を楽しんだようで、「最近気がついたこと」が可笑しかったと盛りあがっていた。そんなに可笑しかったら笑えばいいのにと言うと、甥(弟)は「『上映中はお静かに』って言いよったき」とのこと(^_^;。むむむむむ、む~ん。

監督:森義隆
(2012/05/05 TOHOシネマズ高知6)

「宇宙兄弟」への2件のフィードバック

  1. 私も「11人いる!」が浮かんで、「緑のヤツ」ほ~ら来た来た~(笑)。
    弟の方の描写は、あまりにリアルじゃない?のが眼のやり場にちょっと困る感じも(マンガではあれでいいんでしょうね。)。

    甥御さんたちと一緒なんていいですね~。
    こういう映画は誰かと一緒に観に来た方が、絶対楽しいだろな~って思ったので。(普段はそんなこと思わないんですが。)

  2. わはは!ムーマさんもですか。>「11人いる!」
    アラフィフ女性の鉄板かも(^o^)。

    岡田将生くんは、もったいないですよねー。演技力あるのにぃ。カッコつけさせられているのが見ていて恥ずかしかったもんね。

    甥っ子たちと楽しかったですよ~。
    映画好きになってくれるといいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。