ダーク・シャドウ

家族の話だった(^_^)。アンジェリーク(エヴァ・グリーン)にとっては、悲恋物語であった。バーナバス(ジョニー・デップ)とジョゼット(ベラ・ヒースコート)にとっては、形を変えて恋愛成就。ティム・バートン夫妻が円満なせいでしょう。実生活がこんなにも作品に反映するものなのか(?)。前からのことだけど、バートン監督は見事なストーリーテラーだ。今回もリバプールから始まって、あっという間に物語に引き込まれる。70年代のファッションなども懐かしく観た。バーナバス姿のジョニー・デップが織田裕二に似ていると思うのは私だけだろうか。

エリザベス(ミシェル・ファイファー)/ホフマン博士(ヘレナ・ボナム・カーター)/ウィリー(ジャッキー・アール・ヘイリー)/ロジャー(ジョニー・リー・ミラー)/キャロリン(クロエ・グレース・モレッツ)/デイヴィッド(ガリー・マクグラス)

DARK SHADOWS
監督:ティム・バートン
(2012/05/19 TOHOシネマズ高知7)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。