一枚のハガキ

真夏の青い空と白い雲のようなハッキリくっきりした映画だった。厚手の大判光沢紙に太字マジックで「生きる」と書いたような。活きのいい作品だった。

夫、森川定造(六平直政)の戦死の知らせを受けて友子(大竹しのぶ)が、黙々と菜っ葉を切ったり薪を割ったり怒りだかなんだか、やるせない思いを溜めている様子から、舅の勇吉(柄本明)の定造の弟と結婚してくれという頼みをおとなしく聴いた後、「あんた、なぜ死んだーっ!!!」と叫ぶまで。溜めと爆発的出力の演出及び演技のおかげで涙が飛び出た。びっくりしたな、もう(笑)。
終始、ユーモラスなところが、とてもよかった。

松山啓太(豊川悦司)/泉屋吉五郎(大杉漣)/森川チヨ(倍賞美津子)/啓太の伯父(津川雅彦)/啓太の妻(川上麻衣子)

監督:新藤兼人
(四国文映社 2012/07/08 自由民権記念館)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。