BRAVE HEARTS 海猿

遅ればせながら第三作目から海猿のファンとなった。前作のスケール感そのままに、仙崎大輔(伊藤英明)と吉岡哲也(佐藤隆太)のボケと突っ込みも健在(笑)。環菜(加藤あい)の取って付けたような現代社会に対する不安ぶりも、矢部美香(仲里依紗)が吉岡のプロポーズを断った理由も許せるし、嶋(伊原剛志)みたいなカッチョイイ上司が登場したり、瞳キラキラの後輩、服部(三浦翔平)の出番もちゃんとあって、どんなに現実味のないベタな展開であっても満足満足。この調子で仙崎が下川(時任三郎)のポジションになるまでの長いスパンで作り続けるのもいいではないか。いろいろ、ドラマができそうに思う。

ところで、母のリクエストで観に行ったので、内心これくらいのできなら「よかったねぇ」という答えであろうと期待して感想をたずねたら・・・・・、

久々にネタバレ警告

gamera
ネタバレ注意

久々にネタバレ警告
 ↓
 ↓
 ↓

「一人くらい死んでもよかった」
ということだった。
あれだけの大人数が遭難して全員助かるのは現実味がないとのこと。ハラハラするところがなかったと言うので、「でも、もう死んだと思うところがあったろう?」と言うと、
「うん。これ、これ!と思うた」
とのことだった(爆)。

監督:羽住英一郎
(2012/07/27 TOHOシネマズ高知5)

「BRAVE HEARTS 海猿」への2件のフィードバック

  1. お母さんウケる~

    (~o~)

    海猿シリーズ見てないけど、周りの友達はみんなメタメタなのに
    お茶屋さんがほめてるのでちょっと気になってきますた。

    お茶屋さんの映画日記も続々と公開されてますねー !
    私も書いてみよう。
    (お母さんみたいな感想で良い?)

  2. 受けましたか(^_^)。
    ケロさんも、どしどし書いてくださいよ~。

    大ヒット海猿シリーズ、お友達はメタメタなの?
    ベタなところがダメなのかしら。
    私は三作目をマイ・ベストテンにしたくらい好きです。
    ものは試しで観てみて~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。