桐島、部活やめるってよ

映画部いいな~、やっぱり映画部だなぁ(笑)。
ぎゅうぎゅう詰めの部室(^o^)。全員男子(む~ン)。

金曜日の出来事は、ジグソーパズルみたい。学校って仲の良い者同士がつるむことが多いから、その仲間同士の単位で一つのピースになっていて、ピースごとにカメラを向けた感じだ。映画部、バレー部、バトミントン部、吹奏楽部、帰宅部などに小分けにされた登場人物が、時空間を共にするときがある。それがピースのつなぎ目というわけだ。
学校という閉じられた空間が、更に閉じられた仲間同士の時空間に切り取られバラバラと提示(映写)される。朝礼から下校までの金曜日が終わったとき、(脳内で)パズルが完成して気持ちよかった。それと同時に、これからどうなるの?という強い好奇心も感じた。

土曜、日曜、月曜、そして火曜へと時間が経過するにつれて、個々の登場人物の掘り下げがある。仲間であっても一人一人違う。それぞれの人物が、なかなかに説得力があるというか、身に覚えがあるというか、身に覚えが全くなくてもわかるというか、校内青春物語なのである。バレー部の小泉君の「限界なんだよー!」という魂の叫びや、才能はあっても無目的、何をすればいいのかわからない宏樹の棒立ちぶりなど、特に印象に残った。

そして、雪崩を打って屋上へ駆け上がるクライマックス。吹奏楽部の演奏が盛り上げる(笑)。全体的にクリアーでしっとりと落ち着きのある青味がかった映像なのだが、この屋上のシーンは(前田君がドキュメンタリーを脳内変換したゾンビ映画も)夕映えの赤だ。なんだか切なく美しい。

とりとめのない青春。卒業すれば、実社会青春物語が始まるのだけれど。

映画部:前田(神木隆之介)/武文(前野朋哉)
バトミントン部:かすみ(橋本愛)/実果(清水くるみ)
バレー部:小泉(大賀)
吹奏楽部:部長(大後寿々花)
野球部:宏樹(東出昌大)/キャプテン(高橋周平)
帰宅部:梨紗(山本美月)/沙奈(松岡茉優)

主題歌:高橋優「陽はまた昇る」
監督:吉田大八
(2012/08/11 TOHOシネマズ高知3)

「桐島、部活やめるってよ」への2件のフィードバック

  1. お茶屋さん、こんにちは。

    本日付けの拙サイトの更新で、こちらの頁を
    いつもの直リンクに拝借したので、報告とお礼に参上しました。

    ジグソーパズルか~。なるほどね。
    僕、ジグソーパズルが好きなんですよ。
    確かにその喩えがピタッと来るほど、
    実に緻密に丁寧にきっちりと構築された作品でしたね。
    しかも、それなのに、まさしく「とりとめのない青春」を
    捉えて、描出しているのだから、大したものですよねー。

    どうもありがとうございました。

  2. ヤマちゃん、いつもリンクとコメント、どうもありがとう。
    スヌーピーのジグソーを仕上げて間もなくの頃に観たので、ピンときたのかもしれません。
    同じ学校の生徒でもみんなバラバラなんだということの表現にジグソーパズル式はピッタリだと思うのですが、そう受けとめる人は少ないようです。批評家のあいだでも批判されていました。

    ジグソーパズル式といい、屋上に向かって皆が駆け上がるシーン、それにつづく夕映えのシーン、もうもう、ひじょーに映画的だと思います。
    中高年の観客に何とも知らん心のさざなみを立たせる秀作でしたね。現役の高校生はどんなに思ったか、聴いてみたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。