プロメテウス

むむむ、さすがリドリー・スコット監督だ。映像が何から何まですごい。冒頭のハイランドだか、イグアスの滝だかよくわからないが、スケールの大きい景色につかみはオッケー。(宇宙人ぽい人が何かよくわからないものを飲んでDNAから崩壊していく場面では、あることを連想してぞっとした。)
ところが、宇宙船プロメテウスが問題の星に到着したあたりから話が怪しくなる。そもそも時代も場所も異なる壁画に描かれた同じ星図を発見しただけで、その星に行けば人類の起源の謎が解けるという推論がどうして成り立つのかわからなかった。でもまあ、気にせず観ていたわけだが、話が進むにつれて筋がとおらなくなっていく。映画が終わっても冒頭の宇宙人がDNAから崩壊していったのは、なぜなのかわからない。なかなかにぶっ壊れた作品だ。しかも、登場人物があまり魅力的でない。人類滅んでよし(^_^;。
感心するのは、話は壊れ、人物にも同調できないのに、まったく退屈しなかったということだ。それだけ映像にパワーがあるのだろう。
ショパンの音楽が使われていて、宇宙にクラッシックは『2001年宇宙の旅』っぽいな~と(笑)。ローレンスの登場は嬉しかった。

エリザベス・ショウ(ノオミ・ラパス)/デヴィッド(マイケル・ファスベンダー)/メレディス・ヴィッカーズ(シャーリーズ・セロン)/チャーリー・ホロウェイ(ローガン・マーシャル=グリーン)

PROMETHEUS
監督:リドリー・スコット
(2012/08/25 TOHOシネマズ高知5 2D鑑賞)

「プロメテウス」への2件のフィードバック

  1. お茶屋さんの言われるように、圧倒的な映像で最後まであれよあれよと見てしまいました。「フゥ。」とため息をついて、これはこれで面白かったと自ら納得させていたのですが・・・アレレ、冒頭のエピソードは何だったの??? いくら考えてもわからない、つながらない。え、何?、どうして???

    翌日の夜になって、もしかしてこういうこと・・・と言う仮説が生まれました。(とんでもない勘違いかもしれませんが、できるだけネタばれにならないように書きます。)

    ・あれは原初の地球だったのではないか。
    ・異星人が自死するのは、来るべき生命に自分のDNAを受け継が せるためだったのではないか。
    ・母船を見送る彼は、生贄であり殉教者だったのではないか。

    無理矢理そうでも考えなければ、全体につながっていきません。
    (これから観る方、相当ネタバレでごめんなさい。誤った方向へ持っていかれないよう、自分の目で判断してください。)

    しかし、それにしても不親切このうえない。映像の力に依存しきっているので、お話の作りはかなり荒っぽい。

    そして、○○○○○と×××××のヌメヌメコンビの戦いぶりは相当気持ち悪い。

  2. なるほどぉ!
    私もあれは原初の地球だと思いました。
    一働きしたあとのビールみたいに、ゴックンと飲んだらあんなことになって、本人もビックリというふうに見えたので、まさか自分のDNAを受け継がせるための殉職とは思いつきませんでしたが、人類が彼らの子孫だとすると、姿形がそっくりなのは頷けますね。

    いろんな星で、殉教者がDNAをばらまいてみて、地球が人類にもっとも適していることがわかったので、最後の生き残りが地球へ行こうとしたということですかねぇ。

    ただ、あの蛸壷の生き物はなんなんですかねぇ。容易に他の生き物のDNAと混じって、別種の生き物に変身する、無限の生命体でしょうか。
    宇宙人が蛸壷の生き物を創造したように思いましたが(遺伝子組み換え生物?)、何のために作ったのでしょう?エリザベス(ノオミ・ラパス)は、地球を滅ぼして乗っ取るためだと言っていましたが、そうなの?

    「マトリックス」シリーズは筋がとおっていましたが、『プロメテウス』は壊れてますねぇ(^_^;。
    でも、ガビーさんのおかげで、蛸壷の生き物の説明がつけば、筋はとおらないまでも、こういう筋書きで行きたかったんでしょうね(失敗してるけど)というところまでは推測できるかも。

    私は宇宙人は登場したのが雄ばかり(たった二人だけど。おまけに双子みたいにソックリ)だったので、遺伝的に種として滅びの一歩手前だったので、遺伝子操作で自分らの種を残そうとしていたのかもと想像したりしましたが、あまりにも話が壊れているので、考えるのをやめていましたが、ガビーさんが火を付けたって感じですね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。