最高の人生をあなたと

中高年向け喜劇。お客さんが少なくて笑い声は一つもなかったけれど、私は心の中で(あるいは口は開けても声を出さずに)何回も笑った。
はて、何が可笑しかったのか。う~ん、忘れた(^_^;。←年

そうそう、メアリー(イザベラ・ロッセリーニ)がえらく年齢を気にして、寄る年波に備え電話機なんか文字が大きく見やすいものを買ってきたり、浴室に手すりなんかを付けたり。夫のアダム(ウィリアム・ハート)はえらく反発して、まだそれほどの年ではないわいと電話機を返品しろといいつつ、浴槽に入るとき、つい、手すりを握ったり(^m^)。そんな些細な年齢に関する意識の相違から別居生活に入ったのだった。アダムなんか早々に若い女性から予期せぬお誘いがかかり、(興奮よりまずは戸惑い)それで返って自分も年を取ったなぁと自覚したり(笑)。
二人の子どもたちが、両親の離婚の危機を回避させるため密かに奮闘(?)するのが微笑ましかった(ツボ)。
メアリーの老いた母ノラもいいキャラクター。めちゃカッコイイばあさん。孫に対するその態度(^o^)。死に際(拍手)。
メアリーの独り者の友だちで、孤独をまぎらわすためボランティア活動にいそしんでいる女性は、将来の私なのか(?)。
一組の夫婦を中心に老後の楽しみ方(「こういう心持ちで行けばいいんじゃないかな」という提案)を描いた作品で、遅咲きというより、もう一つ花を咲かせましょうという感じだった。

LATE BLOOMERS
TROIS FOIS 20 ANS
監督:ジュリー・ガヴラス
(市民映画会 2012/09/20 かるぽーと)

「最高の人生をあなたと」への2件のフィードバック

  1. お茶屋さん、こんにちは。
    今日付けの拙サイトの更新で、こちらの頁をいつもの直リンクに拝借したので、
    報告とお礼に参上しました。どこに反応したかは、言うまでもなく、ズバリ
    「女性から予期せぬお誘いがかかり、(興奮よりまずは戸惑い)
     それで返って自分も年を取ったなぁと自覚したり(笑)。」
    ここでした。いやぁ、鋭いとこ突いておいでで(感心)。
    指摘されてもダメなんですよね、自ら感じることなんですから…老い(笑)。
    どうもありがとうございました。

  2. ヤマちゃん、リンクとご報告、ありがとうございます。

    >指摘されてもダメなんですよね、自ら感じることなんですから…老い(笑)。

    それで、とんでもなく若い人が「年取ったなー」などとのたまうのですね~。
    老人力は、早くも死語なのかなぁ、最近聞きませんが、年を取るのもそう悪いことではないですね。
    結局、そういう映画だったのかな(^_^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。