カルメン故郷に帰る

浅間山麓の景色が気持ちいい!
高峰秀子がキレイ!本当に役者だなぁ。『二十四の瞳』のおなご先生とは別人。

ストリップ・ダンサーは芸術家であると自認し、明るく楽しく芸に励むのはいいし(親は泣いているが)、芸術家とおだてて踊らせ金儲けに走ろうとするのは時代の流れと諦めても、借金の形とはいえ、人のたった一つの楽しみであるオルガンを取り上げるのは許せない、しかも、なぜ、その人のたった一つの楽しみとなったかと言えば、出兵して失明したからなんだぞというお話が、シューベルトなどをBGMに軽快に綴られていく。
金儲け主義の円十が悪者と言えば悪者だけど、儲けに走るのもまた人間というふうに描かれていて喜劇として真っ当で楽しかった。

リリィ・カルメン:おきんちゃん(高峰秀子)/マヤ朱美(小林トシ子)/校長先生(笠智衆)

監督:木下恵介
(2013/02/11 あたご劇場)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。