オブリビオン

う~ん、よくわからなかったなー。チケット売り場で「オブビリオン」と言っても通じるし(笑)。機械と人類の戦いだったのかな。まったりのったりと進んでいった。
クローン人間とか核爆発などのSF要素に、プールでチャプチャプのサービスシーンがあるかと思えば、「君は『紅の豚』か」的隠れ家シーンや『スター・ウォーズ』的谷間の撃ち合いシーンもあったりして、あれもこれもとツギハギした感じだ。記憶をすべて抜き取られても別の個体となっても「愛は永遠」でまとめようとしているみたいだけど、ストーリーを追うと目茶苦茶だ。だけど、大丈夫。あんまり期待してなかったし(^_^;。金看板トム・クルーズの奮闘で何とかもっている。白い砂山を駆け上がる姿がまぶしい。また、ジャックは数あれど、49のジャック(トム・クルーズ)だけが本を読む。それをビーチ(モーガン・フリーマン)が観察していて・・・、というような独自のアイディアがあったのも面白かった。ジャックを挟んでのヴィカ(アンドレア・ライズブロー)とジュリア(オルガ・キュリレンコ)の葛藤が、ジュリアの失笑とヴィカの涙という形に表れたのもよかった。

Oblivion
監督:ジョセフ・コシンスキー
(2013/06/07 TOHOシネマズ高知8)

「オブリビオン」への2件のフィードバック

  1. >あんまり期待してなかったし(^_^;。金看板トム・クルーズの奮闘で何とかもっている。

    それで正解かと。
    トムちんの作品は、トムちんが素敵なら、それでOK。
    それ以外に良いところがあれば、儲けものと私は思っております(笑)。
    それでもいつも、平均以上は楽しんでいます。
    今回はヴィガ役のアンドレア・ライズブロー(苗字が覚えられない)がとても美しく好演だったので、得しました。

  2. トムちん、頑張ってますよねぇ。今回もバイクに乗ってたし。
    全力投球と書いてトム・クルーズと読む(・_・)。
    『アウトロー』も観ればよかったかな。

    アンドレア・ライズブローは、イイ役をもらいましたね。
    記憶を抜かれる前からジャックのことを好きだったように見えました。
    オルガ・キュリレンコも可愛かったので、私も得したみたいです(^_^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。