華麗なるギャツビー

原作未読。今さっき注文。
もう、こういう話、大好き!!!哀切、極まる(ToT)。
アメリカ禁酒法の時代、世の中浮かれまくってチャールストン。この辺は、イヤというほど(イヤじゃないけど)バズ・ラーマンの独擅場。だけど、物語が進むにしたがってラーマン節が気にならなくなるほど人物が前面に出てくる。ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)。結局、私はこういう人物に弱い。何かを純粋に追い求める姿が美しい。追い求めていたものが(彼は最後まで気がつかなかったが)幻とわかり、また、彼の逃れたかったものから察するに、それを求めずにはいられなかったのだと思うと哀れでならない。自分の思いだけをとおそうとする姿は痛々しくもある。

デイジー・ブキャナン(キャリー・マリガン)は育ちの良いお嬢さんだ。彼女は「女はバカな方が幸せになれる」と言う。自分は夫トム(ジョエル・エドガートン)の浮気を知っているから不幸だと言いたいのだ。確かに、彼女が更に賢かったら、もっと不幸になっていたと思う。デイジーは、出自を蔑まれて激怒したギャツビーの痛みがわからない程度にはバカだった。だから、その程度には幸せになれたと思う。

ところが、彼女の従兄弟ニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)は、傍観者の特権で(まるで眼鏡屋の看板のように)何もかも見えてしまう。そんなわけで、ギャツビーの真価もわかってしまう。掃き溜めに鶴、肥だめにダイヤモンド。う~ん、もっと文学的な表現はないものか。とにかく、「ヤツらをまとめても君一人の値打ちもない」のだ。偽物ばかり生きさらばえて・・・と失ったものを思うと、それはカウンセリングも必要となるだろう。知りすぎた者の不幸かもしれないが、でも、そのお陰で小説をモノしたみたい。人間万事塞翁が馬だ。

最後の電話について。執事は「(電話をくださったこと)主人が喜びます。」と言って、デイジーからの電話を心待ちにしていたギャツビーに取り次ごうとする。この執事のセリフは、作り手にしてみたら観客をミスリードしようとするものだと思う。私もそのはずはないのにデイジーからかと一瞬思った。電話の主がわかると、主人の様子を気にかけていた執事は優しいなぁと思った。

うぎゃ。トム役の人、ジョン・レグイザモだと思って観ていた。あれれ、クレジットされなかったなと思って見終わった。トム役は、ジョエル・エドガートンと言われても、あれれ、レグイザモは改名したのかなと思った。どうやら別人のようで、キツネにつままれた感じ。

マートン・ウィルソン(アイラ・フィッシャー)/ジョージ・ウィルソン(ジェイソン・クラーク)/ベイカー嬢(エリザベス・デビッキ)

THE GREAT GATSBY
監督:バズ・ラーマン
(2013/06/15 TOHOシネマズ高知9)

「華麗なるギャツビー」への10件のフィードバック

  1. 予告編を見て、見に行く気力が萎えました(^^;
    観られなかった前作(レッドフォードとミア・ファロー)は
    今でも観てみたいんですが。

    私も小説よく覚えていないので、もう一度読もうかなあ。
    若い頃読んだときには、「とにかくロマンチックなヒトなんやなあ・・・」
    としか思わなくて。(琴線に触れてこなかったというか)
    今読んだら全然違うこと思うだろう・・・って予感がします。

  2. そうでしたか(意外)。私は予告編で観る気、満々でしたので(^_^;。
    バズ・ラーマンですから騒々しいです。ディカプリオだから熱いです。見終わる頃には頭痛がしてきました(本当)。←もともと体調がよくなかったですが。
    ディカプリオは、また、代表作を作ったと思いました。この役をレッドフォード!?もしかしてミスキャスト???と思ってしまったくらい。でも、レッドフォードとミア・ファロー版も観てみたいです。エレガントでしょうね。

    私は原作にすごく期待しているんですよ。(何を?)
    野崎孝さんの訳を注文しました~。

  3. >ディカプリオは、また、代表作を作ったと思いました。

    やっぱり行こうかな~(^^;

  4. mixiのTAOさんから、きました。はじめまして。
    私も、この予告でひいてしまった一人です。ええ!と。
    レッドフォードの大ファンでした。もう還暦になりますので、彼の若い頃のこの映画とは違う映画だと予告で感じました。
    レッドフォードのは、どちらかといえば静かな映像で、
    原作も昔読んでますが、記憶にはないです。
    比較したいので、いずれDVDではみたいですね。

  5. アリエルさん、はじめまして。ようこそ、いらっしゃいませ。
    アリエルさんも予告編で引いてしまいましたか。
    そうすると、原因はそれかもしれませんねぇ。私は初日の次の日(土曜日)に行ったのですが、思いのほかお客さんが少なくて、ちょっと驚いたんですよ。

    レッドフォードは、『明日に向かって撃て』と『スティング』くらいしか観てないのです。今回、『華麗なるギャツビー』をぜひ、観たくなりました。リメイクは、そうやって見比べる楽しみがありますね。
    アリエルさんもディカプリオ版をぜひ、チェックしてあげてください。すぐDVDになりますから~(^o^)。レッドフォード版とお家二本立て上映もいいかも。

  6. お茶屋さんの読んだら、見たくなった!
    ( ´ ▽ ` )ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。