屋根裏部屋のマリアたち

フランスらしいな~(^o^)。

ゆで卵 3分半で 恋に落ち
屋根裏と 結ぶ階段 虹色に
あこがれの ああエスパーニャ エスパーニャ

スペイン内戦後のフランコ政権下、フランスに出稼ぎに来ていたのか~とか。
資産家ジャン=ルイ(ファブリス・ルキーニ)のキャラクター、いいよね~とか。でも、資産家同士の間では宇宙人視されているかも風な(^m^)。
妻シュザンヌ(サンドリーヌ・キベルラン)も我が世の春を楽しむ夫が正しいのかもと聡明なところがあり~の。
マリア(ナタリア・ベルベケ)もゆくゆくは肝っ玉母ちゃんになるでしょーとか(無責任)。
いまなぜ、1960年代の資産家と出稼ぎお手伝いさんたちの話かというと、現在、グローバル経済の利ざやで稼ぐ人あれば汗水たらして働いても貧しいままの人ありというのは、日本ほどじゃないにしてもフランスでもあると思われ(よくわからないけど)、それを60年代のジャン=ルイやマリアたちに重ね合わせ、助け合いと恋で解決じゃないですか~と(笑)、そんな風に気楽に見え~の(笑)。
銘々が自立し、銘々を大事にし、銘々の幸せを実現しようとする個人主義の国なれど、個人主義は利己主義とは異なり、けっこう人と助け合い、もつれ合う。もつれ合いの国フランス。もつれ合いには体力気力がいるけれど、この映画はジャン=ルイのキャラクターもあり、ひょうひょうと楽しめてとてもよかった。

LES FEMMES DU 6EME ETAGE
監督:フィリップ・ル・ゲ
(市民映画会 2013/06/22 かるぽーと)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。