CUT

ジョン・レノンが「言いたいことをビートに乗せて歌えば、それがロックだ」みたいなことを言っていたと思うけど、それでいけばロックな映画だった。で、言いたいことというのは「映画、好き好き!」(笑)。主人公は正しくビートされており、へとへとになって横たわると映画が愛撫してくれる。映画とのラブシーンまである(^_^;。そして、映画ファンの大好きなベストテン選びまで(^Q^)。

かつて映画は、娯楽であり芸術だった。ところが今や芸術作品を上映する場がなくなっている。それは金儲け優先のシネコンがはびこって、芸術性のある映画が上映されにくくなったから。そう言って、娯楽であり芸術である名作を上映しつづける主人公に共感するのは映画ファンとして必定。この映画が、2012年高知のオフシアター・ベストテン日本映画第一位に選ばれた理由がよくわかった。

兄の借金を返済するため、シネフィル青年秀二(西島秀俊)が殴られ屋として稼ぐ話と聞いて、暴力的なシーンは指の隙間から観ることになると思っていたが、なぜだかそれほど痛くはなくて、目の潰れ具合が前の場面と違うとか、余裕で観ることができた。しかし、西島秀俊は、あいかわらず青年役が似合うなぁ(笑)。

陽子(常盤貴子)・・・・ブラボー。
ヒロシ(笹野高史)・・・・この人がハラハラドキドキすると観ているこちらまでドキドキ。
ボス(菅田俊)・・・・お金貸したらいかん。もう、返せませんから~。

監督:アミール・ナデリ
(高知オフシアター・ベストテン上映会 2013/07/06 県民文化ホール(グリーン))

「CUT」への4件のフィードバック

  1. お茶屋さん、こんにちは。

    「なぜだかそれほど痛くなかった」そうで、なにより、なにより。

    僕もベストテン第1位選出というのは、なかなかのもんじゃないかと感心したくちです。
    でも、その受け止めようは少々違っているようで、僕には、とっても痛い映画でした(あは)。
    素直に主人公に共感するには至らない屈託のあるらしい僕は、映画ファンではないのかも(たは)。
    余裕で観ることはできなかったもんなぁ(笑)。

  2. ヤマちゃん、ようこそ。
    主人公の言っていることには共感できても、その表現方法は充分痛いですよ。
    こういう人は、普通の映画ファンには引かれます((((((((・_・;)ひゅー。
    私も若干引きました。
    でも、ベストテン第1位選出に感心したら、もう、いけません。
    普通の映画ファンではないです。

    >素直に主人公に共感するには至らない屈託のあるらしい僕は、映画ファンではないのかも(たは)。

    そうです(・_・)。映画ファンではないのです。
    シネフィルなのです。
    いくら「共感するには至らない」と言っても手遅れなのです(^Q^)。

  3. お茶屋さん、こんにちは。

    連日のライブ鑑賞や旅行などですっかり忘れていましたが、
    先の拙サイトの更新で、こちらの頁をいつもの直リンクに拝借しているので、
    報告とお礼に参上しました。

    >主人公は正しくビートされており、へとへとになって横たわると映画が愛撫してくれる

    もう気恥ずかしいくらい、いいショットでしたよねー。まさに“愛撫”。
    僕なら、常盤貴子さんの愛撫のほうが断然いいですが、
    どちらも経験ありません。 いいなぁ、秀二(笑)。

    どうもありがとうございました。

  4. 五連休を満喫されましたか(^_^)。
    映画の愛撫・・・、発想自体がシネフィルですよね。
    見てはいけないものを見てしまったように感じました(笑)。
    リンクとコメント、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。