グランド・イリュージョン

豪華キャストなのに生かし切れてないような気がする。よいと思ったのは、ダニエル役のジェシー・アイゼンバーグだけだった。
なんたらホースメンの四人組、ダニエル、マッキーニ(ウディ・ハレルソン)、ヘンリー(アイラ・フィッシャー)、ジャック(デイヴ・フランコ)のイリュージョンの種明かしをサディアス・ブラッドリー(モーガン・フリーマン)がするのだが、「やっぱりね」若しくは「ありえな~い」という感じだったし。
今の映画だと現実のマジックではできないこともできてしまうので、それをマジックだと言われると面白さ半減だぞと思いながら臨んだら、案の定、CGだかSFXだかを使っている風なマジックショーになっていたし。

う~ん、『レッド・ライト』は傑作だったなぁ(^_^;。『幻影師アイゼンハイム』もよかった。そして、マジック映画というと思い出すのが『マジック・ボーイ』。水槽からの脱出シーンの美しさ。ラストに靴からこぼれる花。映画史に残らない作品は一期一会だなぁ。

FBIディラン(マーク・ラファロ)/国際警察(メラニー・ロラン)

NOW YOU SEE ME
監督:ルイ・ルテリエ
(2013/10/26 TOHOシネマズ高知1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。