カルテット!人生のオペラハウス

監督はダスティン・ホフマンだったのか!ビーチャム・ハウスは秋深し。全体的にゆるい感じで、それが味わいになっていてなかなか良かった。いい台詞がたくさんあったし。「これを逃すと主役を張れるのは火葬場だけ」・・・・、いつか使ってみたい(笑)。
それにやはり音楽がよかった。「リゴレット」のCD、買おうかしら。ビーチャム・ハウスに住まいたいとは思わないけれど。多分、うるさい(笑)。

ジーン(マギー・スミス)/レジー(トム・コートネイ)/ウィルフ(ビリー・コノリー)/シシー(ポーリーン・コリンズ)

QUARTET
監督:ダスティン・ホフマン
(高知県芸術祭特選映画鑑賞会 2013/11/04 県民文化ホール)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。