天使の分け前

面白かった。さすが、ケン・ローチ。立ち位置がブレない。
樽の中のウィスキーは、毎年2%ずつ蒸発するのだとか。幻のウィスキーを競り落とした金額が115万ポンドというとおよそ1億8千万円。ロビー(ポール・ブラニガン)たちが知恵を絞って汗かいて、樽から抜き取った一瓶を10万ポンドで売って4人で分けると400万円くらい。落札金額の2%くらいか。よくできてるな~(笑)。1億8千万円は汗水たらして稼げるお金じゃないからね。労働者の稼ぎから蒸発していったものをお金持ちが蒸留しとるんじゃろ(笑)。お金持ちと貧乏人がいたら、貧乏人の側に立つのがケン・ローチなのだ。落札したお金持ちが鼻の利かない人で本当によかった。食品偽装でお腹立ちの人は、お金持ちに同情するかな?
最近、どっかの国会議員がマスコミを批判して、「マスコミは中立でなければならない、二項対立があるとしたら両論併記するべき」みたいなことを言っていたけれど、権力者と市民が対立しているとき中立でいては権力者の味方をしていると同じだと思う。マスコミも色々、立ち位置も色々。ケン・ローチくらい立ち位置をハッキリしてくれるとありがたいなぁ(笑)。
それにしても、この映画を観ていると、日常ってこんなにもサスペンスフルなんだと驚かずにいられない。ロビーたちの一挙手一投足にハラハラした。保護司(?)のハリー(ジョン・ヘンショウ)にロビーからの贈り物が届いてめでたし、めでたし。こんな甘い話はそうそうないけど、結婚とベイビー誕生のご祝儀として私もありがたく分け前をちょうだいした。

THE ANGELS’ SHARE
監督:ケン・ローチ
(シネマ・サンライズ 2013/11/15 高知県立美術館ホール)

高知県立美術館ホール前はこんな感じ。草間彌生の「永遠の永遠の永遠」展を開催中だった。

「天使の分け前」への4件のフィードバック

  1. おお、一人の儲け分がほぼ2%でしたか。ケン・ローチは数字にも強かった?まさに天使の上前、もとい“天使の分け前”に相当するシャレた作りではないですか。

    でも、ロビー以外の3人はせっかくの分け前をろくなことに使いそうもないですね。こんな大金をどこで手に入れたんだ、とか簡単に警察の足がつきそうで、映画を観終わった後もハラハラドキドキは続きそう。

    ロビーを演じたポール・ブラニガンは、映画初出演の初主演とは思えない、なかなか堂に入った演技でしたね。これまでの自分の実人生を追体験するような気持ちで演じていたのだと思います。プレスシートによると、この映画の後でスカーレット・ヨハンソンと共演しているそうです。

    頑張れロビー。

  2. >映画を観終わった後もハラハラドキドキは続きそう。

    そうなんですよ。
    ケンちゃんは、真のリアリストですからねぇ。
    あとの三人が飲み代に費やすって、リアル~って思いましたよ。
    何より盗みでもしないとロビーの道が開けないというのがリアルなんですわ(涙)。そういうのマジでありますから。

    >ロビーを演じたポール・ブラニガンは、映画初出演の初主演

    そうでしたか。
    『スイート・シックスティーン』の男の子もケンちゃんの映画でプロになりましたよね。ポールくんも頑張れ(^_^)。

  3. お茶屋さん、こんにちは。

    昨日付の拙サイトの更新で、こちらの頁を
    いつもの直リンクに拝借したので、報告とお礼に参上しました。

    >食品偽装でお腹立ちの人は、お金持ちに同情するかな?

    いやぁ、痛烈ですなー(快哉)。
    「どっかの国会議員」って、僕の同級生ですが(たは)、
    御指摘の件は、まさしく同感でして、同じような趣旨のことを
    『フタバから遠く離れて』の拙日誌↓に記しています。
    http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/2014j/02.htm

    お見事な感想ですね。どうもありがとうございました。

  4. ヤマちゃん、リンクとコメント、ありがとうございます。
    痛烈でしたか(^_^;。
    どっかの国会議員って誰のことを言ったのか早忘れていますが、ヤマちゃんの同級生というと本県選出の議員ですね。ということは、あの人か(笑)。だけど、そんなこと言いそうな議員は他にもいますよねー。

    『フタバから遠く離れて』の日誌、拝読。
    もう東京新聞と沖縄タイムスと琉球新報と福島民報があればいいかな(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。