ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

これは大大大好き(^_^)。「もののあはれ」と滑稽味が、程よくブレンドされたアメリカ映画というのは珍しい。ジム・ジャームッシュ作品を想起させられもしたけれど、風に飛ばされそうなウディ・グラント(ブルース・ダーン)が象徴するように、どこまでも軽く核となるものが見あたらない。アレクサンダー・ペインは、ジャームッシュほどには映画狂ではないのだろう(?)。ただし、モノクロ映像で描かれた景色と音楽が抜群によくて、「間」の演出も冴えわたり、これまで見たペイン作品の中で最も洗練されていると思った。

欠点だらけの人たち。お金が絡むと醜悪だし、セックスが絡むと品がなくなり、年を取るほどに子どもに帰って好き放題だけれど、私たちの分身としてチャーミングに描かれている。家族の肖像としても、夫婦のごたごた感や親子のうるうる感など既視感があり、普遍性を感じる。また、閑散とした町に老人が多く、若者には職がなく肥っているという現代性も、かつて親兄弟が協力して建てた家に住みという古き良き時代と、きょうだいが早くになくなり自分も戦争に行ってという人に歴史あり、社会に時代ありみたいなところも家族の話の中にうまく取り込まれている。

ウディは、良い父親でも夫でもなかった割に、よい人生の幕切れを迎えられそうだ。100万ドルを当てるよりラッキーなんじゃないかな。

「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」への2件のフィードバック

  1. お茶屋さん、すばやい!上映の初日に「ネブラスカ」とは。

    シネマ・サンライズで6月以降一番上映してみたい作品でした。(映画館で見られるにこしたことはないのですが。)しかも、高知新聞の映画欄では「ネブラスカ」としか表示されないので、よほど映画に関心の高い人でないと、久しぶりにブルース・ダーンが出ている「ネブラスカ~ふたつの心をつなぐ旅~」だとは気がつかない。これまで、ロビーにチラシさえ置いていなかったのではないですか? 予告編はやっていたのだろうか? 

    僕としても現在のラインナップで一番観たい作品たったのですが、このままでは見逃してしまうことが見え見えの「銀の匙」を選んだことでした。(吉田監督作品としては、「ばしゃ馬さんとビッグマウス」のときのようなシニカルさは影を潜めていますが、バランスの取れたいい作品です。最後までタイトルが出てこないところがミソでした。)

    これで6月の例会は、久しぶりのウィンターボトム作品「いとしきエブリデイ」になりそうです。

  2. 予告編は見たような見なかったような(^_^;。公開直前に知ったような気がします。
    本編は、ガビーさん、ぜひ、ご覧くださいね~!私は好きな作品です。
    『ネブラスカ』を優先して『銀の匙』はパスしてしまいました。やはり公開された週の土日を逃すと、よっぽど見たい作品じゃない限りこんなことになってしまいます。
    とことろで『愛しきエブリデイ』!
    (^o^)ちょー、嬉しいです!ありがとうございます。ドキュドラマにどんな音楽をつけているのかいないのか、ウィンターボトム作品はそんなところも楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。