ゴーン・ガール

はははは。結婚って、底なし沼なのか(笑)。
親の借金のため娘は自分の財産を差し出す。親の介護のため息子は故郷にUターン。両者とも相談なしに一人で決めて、パートナーには事後報告。そして、失業。金の切れ目が縁の切れ目的浮気。浮気発覚で懲罰的復讐と、これは「結婚」についての映画だと思う。ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)の二人を見ていると、人生の荒波に手に手を取って立ち向かう理想の夫婦像からは遠い。
婚前契約って再々でてくるけど、二人はどんな契約をしていたの?

それにしてもニック・ダンは、ベン・アフレックのためにあるような役。バカな男に違和感なし(^o^)。アゴを隠すって当て書きでしょう(決めつけ)。
音楽がとてもよい。
ボニー刑事(キム・ディケンズ)、めっちゃカッコいい!
ニックの妹マーゴ(キャリー・クーン)は健気。双子の兄妹で何でも打ち明けられる関係だったのだけれど、父の家をニックが「茶色の家」と呼んでいたいきさつは知らなかった。ニックは妻だけに話していたのだ。その他、子どもをほしがっていたのはニックの方で・・・とか夫婦にしかわからないことがあるのよね~。あたりまえだけど、やっぱり妻と妹はまったく異なる関係性なのだ。
エイミーは、なぜ、デジー(ニール・パトリック・ハリス)と結婚しなかったのかなぁ。追いかけられると逃げたくなるってこと?
ニックの弁護士(タイラー・ペリー)の手法からすると、真実はどうであれ世間を味方につければ裁判にも勝てるということだろうか。

監督:デヴィッド・フィンチャー
(2014/12/13 TOHOシネマズ高知5)

「ゴーン・ガール」への4件のフィードバック

  1. いわゆるプリナップと呼ばれているものですね>婚前契約。
    セレブなんかがよくやるやつ。
    多分この二人の場合、ニックに不利だったんでしょうね。
    バーも家も、名義はエイミーだって言ってたし。

    刑事さん、カッコ良かったですね!
    「応援を頼みましょうか?」(by♂)
    「私が守ってあげるわ」(by♀)
    キャー!(笑)。

  2. ケイケイさん、書き込み&婚前契約の意味、ありがとうございます。

    >ニックに不利だったんでしょうね。

    なるほどぉ。再三、婚前契約がなんたらとぶつくさ言っていましたもんね(笑)。惚れた弱みでしょうか。婚前契約は頭を冷まして慎重にって教訓が浮かび上がってきます(^o^)。

    刑事さん、カッコよかったですねーーー!オフのときは髪の毛を解放して、また違うイメージで。
    色んな女性がたくさん登場する作品で面白かったですねー。ワイドショウのキャスターとかビジネスライクなところが可笑しかったなー。

  3. お茶屋さんこんにちは。わたしはこの作品が今年の劇場見納めになりそうです。この映画が最後で良かった。

    すごく面白かったし楽しめました。良くできたストーリー、フィンチャー監督の演出とキャスティングも見事。

    特にアメイジング・エイミーのエピソードが秀逸でした。世界中が自分を愛してくれると思っていたら、実は皆が愛していたのはフィクションの中のエイミーだった。クライムサスペンスで犯罪者の生い立ちを入れるのはよくあること。でも虐待を受けてたとかではありきたり。児童虐待を使わず、人格のゆがみを観客に納得させる素晴らしいエピソードだと感心しました。

  4. 四ツ谷さん、いらっしゃいませ。
    面白かったですよねー。今何が面白いかとたずねられたら『ゴーン・ガール』と答えています。
    絵本のエイミーとはまた違った意味でアメイジングでしたねー。ぐれてもよかったのに完璧を演じ続けたのは、一種の親孝行でしょうか???考えてみれば、虐待を受けていた場合、あんなに伸び伸びと自信満々に復讐をしそうにないですね。なるほど、確かに素晴らしいエピソードですね!

    アメイジング・エイミーのスイッチが入ったのは、ニックの浮気を目撃したからで、それまではパートナーとしては許容範囲だと思うなー。ニックは妹に愚痴を聞いてもらいながら尻に敷かれて暮らすしかないかもです(^m^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。