そこのみにて光輝く

沖にどんどん泳いで行って、不安になって振り返ると彼女も。浜辺をずんずん歩いて行って、泣きそうになりながら振り返ると彼も。二人だけれど二人だけではない愛の周辺。人を弱くも強くもするもの。振り向くといてくれるってことが強くする。音楽の使い方、カメラワーク 、編集。これぞ映画。

監督:呉美保
(2015/03/14 あたご劇場)

「そこのみにて光輝く」への2件のフィードバック

  1. こんにちは
    これほんのこの前に見マシタ
    ラストシーンの美しさは心に刻まれマシタ
    あの家族を捨てずに引き受けて生きてきた千夏
    千夏家族に次第に寄り添い
    最後には縋り付くように
    これから一緒に生きていこうとする達夫
    それまでのただ辛い人生が歩み寄ることで夜明けに向かう
    忘れられないラストシーンでした

  2. sikiさん、いらっしゃいませ。お返事が遅くなってゴメンね。
    あの二人を見ていて「一人じゃないって素っ敵なことね~」と思ったり、家族を捨てられない千夏に「一人が楽ちん」と思ったりでした。

    >それまでのただ辛い人生が歩み寄ることで夜明けに向かう
    >忘れられないラストシーンでした

    ほんま、そのとおりでしたねぇ。珠玉のコメント、ありがとう。
    美しい作品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。