ある過去の行方

2012年高知のオフシアターベストテンの外国映画第1位に選ばれた『別離』もよかったけれど、今作もよい!いずれもアスガー・ファルハディ監督自身による脚本で、先が読めず目が離せない。素晴らしい脚本だ。また、一応の結末はあるが、登場人物たちの人生は更につづくというエンディングも二つの作品に共通している。「日常」の「出来事」を淡々と描いているが、登場人物の心の動きは「嵐」であり、日常というのはドラマチックだと、またしても感じさせられた。そして、素晴らしい邦題の助けもあって、「過去などいっさい気にせず生きるのがよいか。あるいは過去を振り返ったうえで、今後どのように生きるかを考える方がいいのか。いずれにせよ、過去があるから今がある。今があるから未来がある。」ということを改めて感じだ。

マリ=アンヌ(ベレニス・ベジョ)は離婚したいため、別居中の夫アミール(アリ・モサファ )を呼び寄せる。ついでに(?)反抗期の娘リュシー(ポリーヌ・ビュルレ )の心の内をさぐってほしいとアミールに頼む。アミールはリュシーの過去に何があったか知ることになり・・・・というお話。リュシーは自分が原因で人を自殺に追いやったと罪悪感で苦しんでいたのだけれど、アミールが改めて過去を調べると・・・・。正に温故知新。リュシーのせいではないかもしれないことがわかってくる。一方、マリ=アンヌの恋人サミール(タハール・ラヒム )は、妻が自殺したのは自分の浮気が原因かもしれないことがわかってくる。浮気はしたけれど妻を愛していたようで植物状態の妻に寄り添う。その姿を見て因果応報だと思った。
そんなわけで、現在が「因果応報」であることに気づき、「温故知新」で未来を築いていけばいいような気がしてきた。ただし、過去も現在も未来にも人間関係という「綾」があって日常に嵐がやむことはない。そういう作品だったと思う。
(シネマ・スクウェアへ投稿)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。