ゴッホ 最期の手紙

絵が動くって面白いなあ!
こういう面白い作品に出会えると、著作権は30年くらいで良いんじゃないかと思える。

(余談)
ゴッホ役のロベルト・グラチークはゴツい感じだ。マーティン・スコセッシのゴッホも私のイメージとは異なっていた。カーク・ダグラスのは見てない。ティム・ロスのゴッホが一番イメージに近い。

アンリ・ルソーの絵も動かしてほしい。印刷したルソーの絵をくりぬいて紙人形にして。不思議な話が出来そうだ。
(2018/05/05 あたご劇場)

「ゴッホ 最期の手紙」への2件のフィードバック

  1. 絵が動くんなら見ればよかった!ゴッホの顔がちがうと思ってスルーしてしまった(笑)
    ブリューゲル(ルトガー・ハウアーが演じてた)の絵が動く映画も凄く面白かったんです~。アンリ・ルソーの絵が動くの、ぜったい見たい!

  2. ブリューゲルの動く絵、美しかったですね~!ゴッホの方は絵が動くといっても、あそこまで徹底してなくて予告編どおりでした。登場人物も基本俳優なので、ゴッホの絵のイメージとは異なっていて、可愛いらしさがなかったです。ゴッホの顔が違うは大正解(≧▽≦)。とはいえ、ドービニの庭に黒猫がトコトコ出て来たり色々楽しかったです~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。