三日病

何年ぶりかで嘔吐下痢症に罹ってしまった(3回目、いずれも大人になってから)。
木曜の朝から吐き気はあったけれど大したことはないと思って出勤。昼食後、本格的な吐き気になって悪寒もするので、栄養ドリンクを飲んでみたら改善したような気になったのが悪かった。いよいよとなってからの早退。バスで帰りたかったが、バスで吐くより自家用車がましと思い、大阪のおばちゃんに倣い持っていたスーパーの袋を用意して、休み休み運転し、帰宅後、マーライオンと化した。

妹が買ってきてくれたOS-1(オーエスワン)のゼリーを食べて寝たら、翌朝よくなったのでリンゴを食べてみた。→マーライオン
病院で整腸薬と吐き気止めを処方されたが、下痢の方はそうでもなく吐き気が薬で止まるとも思えず(そんな薬より点滴だと思うが、大人は易々と点滴してもらえないのだろうか。)、薬局には行かず帰宅して寝た。水分を摂らねばと思い、和三盆と塩と白湯、お茶を摂ったが、トイレには3回しか行く必要がなかった。2回でもよかったかも。

夜の間にOS-1ペットボトル500mlをちびちびやって、夜が明けたら今度こそ治った感!ウィダーインゼリーにお粥を一口。体力ガタ落ちではぁはぁ言いながら洗濯をしているとき、吐き気が蘇った。白湯に砂糖と塩(点滴の材料)を入れてちびちび。3時ごろになるとようやく今度こそ本当に治った感!!!白菜の漬け物とスナップえんどうをパクパク。

やはり病気とはたいしたもので、その間、本もラジオも見聞きする気にならず、ただひたすら寝ていた。病人が安心して寝ていられるというのは、なんちゅう幸せであろうか。ただし、いろいろと溜まっているため、見たい映画を何本か見逃すことになりそうだ。

マーライオン

ずびずば~っと

3週間ちかく映画を観ていない(しくしく)。
蛸蔵で『人生ここにあり!』を観た翌日、インフルエンザを発病。1月27日(金)から2月1日(水)まで仕事を休んだ。タミフルですぐよくなったけれど、いっしょに引いていた咳風邪で三日三晩眠れず。咳が収まったところで、2月10日(金)、11日(土)と名古屋の御園座に菊之助を観に行ったのはよかったが、今度は鼻がつまって眠れず。あったかくすると、つまらなくなるが鼻水が止まらず。ずびずば~っと洟かむ日が続く。

お頭が弱い

生まれつき神経系統が弱いようで、子どもの頃は自家中毒によくなったし、胃炎も患いました。十代は頭部に三叉神経痛もどきの痛みが数年も続き、大人になって丈夫になったかと思ったら、一昨年はストレスで突発性難聴になり、難聴はすぐに治ったものの神経をやられて、小さな音まで頭の中で反響して、数ヶ月はちと辛かったです。
で、昨年一年は病気といえば風邪くらいだったのですが、今年4月に職場で配置換えがあり、う~ん、どうもハズレを引いてしまいましたな(笑)。また、音が響くようになり、息も詰まり、動悸もありの5月でした。おそらくマトモナ呼吸が出来てないから、酸素不足でこういう状態になるのでしょう。体を鍛えたら多分神経も丈夫になると思います。だけど、鍛える暇と気力がないうえ怠け者なので、簡単に呼吸を整えるため、通勤の自家用車の中では歌いまくりです。懐メロばかりなのが、ちと情けない(笑)。で、5月は無事乗り切った、うん(^_^)v。よかった、よかった。
朝目が覚めたとき、頭の中で唱える歌
なんにもない、なんにもない、まったくなんにもない
生まれた、生まれた、何が生まれた
星が一つ、暗い宇宙に、生まれた
星には夜があり
そして、朝が訪れた
何にもない大地にただ風が吹いてた
吹いてた
名曲や~~。
神経系統が弱いということは、神経の束である脳が弱いということだと思います~。すなわち、オツムが弱い(とほほ)。