ヴィルヘルム・レームブルック展

3月6日(土)に行って来ました。 大変おもしろかったです。
手足を極端に引き伸ばした人体像を見て、レームブルック(1881-1919)っ て法隆寺の百済観音の作者の生まれ変わり?と思ったりしました。 でも、ブロンズなのに肌の温もりが伝わってくるような柔らかさは、レーム ブルック独自のもので、百済観音とは違いますし、また、ロダンの像が峻厳 で近寄り難い感じがするのともずいぶん違います。
幼い子どものレリーフのふっくらした感じは薔薇色を思わせ、老炭坑夫の肉 体のたるみ具合は、かつては鋼のような筋肉であったろうと思わせ、どの作 品もひとつひとつが味わい深いです。
一番好きな像は、「振り向く女」なのですが、チラシに画像がなくて残念。 チラシの表は「考える男の頭部」で下記のURLにも画像がありますが、印刷 物や画像で見るのと違って、実物はたいへん怖かったです。(思わず「こわ 〜」とつぶやいたくらい。) 胸元にある拳(と言ってもそんなに握り締めているわけではないです)が、 異様なんですよぉ。肩のところまでで、腕は省略してあるのに、突如として 胸に拳が・・・。なんか、苦しさが伝わってくるようでした。
高知県立美術館のレームブルック展のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。