BBCシャーロック「大いなるゲーム」

ふふふ、ふふふふふふふ。
シリーズ1のDVDボックスセットが届いて、この土日は「シャーロック」漬けだった。

シャーロック
足指がよく動く。
第3話「大いなるゲーム」

見れば見るほどジョンとシャーロックが可愛くなってくる(笑)。私は原作を推理小説ではなくキャラクター小説(バディ・ノベル)と思っていて、謎解き部分より二人の遣り取りが好きだったので、BBC「シャーロック」のキャラ立ちまくりが嬉しくて可笑しくてたまらない。
これまでホームズと比べて控えめに描かれていたような気がするワトソンが、ホームズと対等に個性を発揮していて面白い。(ジュード・ロウのワトソンもロバート・ダウニー・JRのホームズと対等だったので、これが流行のワトソン像なのかもしれない。)
それにBBCのジョン(マーティン・フリーマン)とシャーロック(ベネディクト・カンバーバッチ)は、見た目の組み合わせが最高!ロングコートを翻すシャーロックと軍人歩きのジョンが並んで去って行くシルエットなど素晴らしい!音楽も!

で、第3話では、第1話の「ピンク色の研究」から名前が出ていたモリアティ(アンドリュー・スコット)と、いよいよ御対面。いや~、シャーロックに勝るとも劣らない変人ぶりだ。シャーロックより確実に気持ち悪い(笑)。ジョンのことをやたらと「ペット」って言うのも失礼な(笑)。でも、そう言われるとペットに見えてきたりして(爆)。
このモリアティ像は衝撃だった。老教授のイメージが強かったから。だけど、これだと、一歩間違えばシャーロックもこうなっていたかもしれないというのがよくわかる。シャーロック、紙一重だったんだねぇ!

(BBC版からうかがえるヤング・シャーロックは、兄マイクロフトに頭でかなわず、推理をひけらかしては友だちに嫌われ、自分の頭のよさを誰にも認めて(誉めて)もらえず、麻薬を初めとして色々やんちゃをしていたものと思われる。現在でもマイクロフト(マーク・ゲイティス)に対してはやんちゃぶりを発揮している。)

「BBCシャーロック「大いなるゲーム」」への4件のフィードバック

  1. >このモリアティ像は衝撃だった。老教授のイメージが強かったから。

    私もですぅ(もう呆気~)。

    先日の2の最終回、ご覧になりましたか?
    この記事でお茶屋さんが書いておられる通り!の
    モリアティとシャーロックの対決でした~ヽ(^o^)丿

    それにしても、マイクロフトもムチャクチャしますね。
    どーゆー兄弟やねん・・・ってとこが
    英国流ユーモアというか、面白いけど冷汗タラーリ。

    でも3もありそうで嬉しいなヽ(^o^)丿

  2. ムーマさ~ん!
    最終回、もちろん見ましたよ!!!
    シャーロックの追い詰められ具合が、快感でした~(笑)。彼の欠点をつついてくるモリアティの粘着ぶりも、気色悪くて~(グー)。
    なにがあってもシャーロックを信じているジョンには(涙×涙)。
    モリアティのキャラにしても、「最後の事件」のアレンジぶりにしても原作を超えてますよ。ドキドキハラハラ、えーー!?って感じでちょー、面白かった!

    >それにしても、マイクロフトもムチャクチャしますね。

    ははは。そうですねぇ。
    でも、シャーロックも結局は兄ちゃんを頼らざるを得ないわけで。遺体のない葬式やったり、221Bの家賃を払ってもらったり、死んだことにするのは色々大変だから。
    原作では生きたホームズと対面したワトソンは失神して、その後、ひどいよ~と泣き言を言うのですが、BBCのジョンは如何に?初めは喜びでいっぱいになって、シャーロックの言い訳を聴いているうちに、段々腹が立ってきて一発ぐらい殴るでしょうか?楽しみですね!

  3. 殴られる方に1票~ヽ(^o^)丿
    (ってか、一発じゃ済まないかも(^_^:

  4. そのとき、シャーロックは殴られるに任せるのでしょうか?
    その場面を想像すると何だか笑えますね(^o^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。