チネチッタ高知★掲示板
[ホームページ] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
メッセージの中には参照URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

2020年の良かった映画 投稿者:四ツ谷 投稿日:2020/07/04(Sat) 19:55 No.2375  
お茶屋さん、こんにちは。最近、庭木のサンシュユをヒメシャラに植え替えずいぶんスッキリしました。ちゃんと根付くといいのですが。この場をお借りし、今年も2020年上半期の良かった映画を発表させてもらいます。

「パラサイト」
テーマになっている所得の格差というのは、どこの国でもあることだしほとんどのシーンがモダンな豪邸の中で展開され、よその国の人が観ても違和感がない。結果、普遍的な作品に仕上がっている。

なんと映画館で観たのはこれ一本。残念な半年でした。あとはDVDで観た作品。

「ヘイト・ユー・ギブ」
人種差別を描いているんだけど黒人にも悪い所はあるとか黒人を良く見せようとか変な作意が無くフラットでリアル。それでいて一人の少女の苦悩とその克服を描きエンターテインメントとして成功している。アメリカの人種差別に興味があるけど何を観たらいいか分からない、という人に最初の一本としてお勧めしたい映画。

「15ミニッツ・ウォー」
フランス最後の植民地ジブチで起きたテロ事件の映画化作品。子供たちを乗せたスクールバスがテロリストにハイジャックされ、それを特殊部隊が救出するというシンプルなストーリー。シンプルなだけに骨太で力強い。一応作戦は成功するがエンドロールで紹介されるとおり事件の15か月後にジブチはフランスから独立。この辺りの事情は調べてもよく分からなかったんだけど、もっと早くジブチが解放されていたらとやり場のない思いにとらわれる作品。

2020年後半はちゃんと新作が公開されるんでしょうか。いい映画とたくさん出会えますように。


Re: 2020年の良かった映画  - 2020/07/05(Sun) 16:25 No.2376  

四ツ谷さん、いらっしゃいませ。お待ちしていましたよ〜。
ヒメシャラいいですね。花も紅葉も楽しみですね。サンシュユって知らなかったので検索しました。

『パラサイト』、アカデミー作品賞受賞してよかったですね。アカデミーもやるじゃん、私の中でアカデミー賞の値打ちが上がりました。

『ヘイト・ユー・ギブ』も『15ミニッツ・ウォー』も初耳映画です。面白い映画がたくさんあるものですねぇ。ありすぎてなかなかフォローできませんねぇ。

私の上半期ベスト3は、やはり『パラサイト』『家族を想うとき』、そして、『ジョジョ・ラビット』が入るかと思いきや、『フォードvsフェラーリ』!いや〜、自分でも思ってもみなかったです。感想も書いてないような気がします。でも、目標を達成したときの歓喜と充実感と寂寥感のシーンが、今になっても胸に迫ってくるのですよ。

下半期の一番の楽しみは『007』です。きっと後悔されると信じています。観れるかどうかはともかく。何卒、鑑賞が叶いますように(-人-)、アマビエ様〜。


2019年の良かった映画 投稿者:四ツ谷 投稿日:2020/01/07(Tue) 20:17 No.2372  
明けましておめでとうございます。
と言っても初詣もまだだし雑煮も食べてませんが。一人暮らしだとイベントごとをスルーしがちになってしまいます。さて、今年もこの場をお借りし2019年の良かった映画を発表させてください。

上半期は『グリーンブック』『否定と肯定』『主戦場』を挙げたのですが、下半期これらに『ジョーカー』『ターミネーター:ニュー・フェイト』が加わりました。

『ターミネーター:ニュー・フェイト』
ターミネーター2が大好きな私にとって今年一番楽しめる作品でした。アーノルド・シュワルツェネッガーの演技は酷いもんだしリンダ・ハミルトンも浮いてましたが、この二人が出てなければ出てないで文句を垂れていたでしょう。ファン心理は複雑です。

『ジョーカー』
悪の誕生をこれほどリアルに完璧に描いた作品は過去に無かったのでは。ただ本当のジョーカーは楽しみながら悪事を働く同情の余地など無い究極のサイコパスなんじゃないかという気がします。

ここからはDVDで観た映画です。

『小悪魔はなぜモテる?!』
エマ・ストーン目当てで観たコメディタッチの青春映画。これがなかなかの拾い物。古典文学の名作、ホーソーンの「緋文字」がベースになっていて見ごたえありました。

『ローズ』
1960年代にブレークしたロックシンガー、ジャニス・ジョプリンをモデルにした映画。レディー・ガガ主演の「アリー/ スター誕生」によく似ていて驚いたけど、私は断然「ローズ」の方が好きです。歌うことでしか自己表現できない愚かさが愛おしい。主題歌の「ローズ」も素晴らしい!

では今年もいい映画がたくさん観られますように。


Re: 2019年の良かった映画  - 2020/01/11(Sat) 17:42 No.2373  

四ツ谷さん、2019年の良かった映画、待ってましたよ〜。
・・・にしてはお返事が遅くてスミマセン。近年、パソコンを開くのは土日くらいになってしまいました。

『ローズ』!ベット・ミドラーですよね(^o^)。
私もDVDだかビデオだかで見て、(ToT)。
サントラの感想も書いています。
 ↓
https://cc-kochi.xii.jp/hotondo_ke/11082702/

レディ・ガガのもバーバラ・ストライサンドもジュディ・ガーランドも(その前もあるらしいです。)『スター誕生』は見てないですが、レネー・ゼルウィガーの『ジュディ 虹の彼方に』は是非見たいと思っています。『スター誕生』も見たかったんですけどね、何せ見れてないです。
今度の『ターミネーター』も予告編でリンダ・ハミルトンが出ると知り、見るつもりだったのに〜。
四ツ谷さんの「良かった映画」を拝見しても、あ〜見てない〜が多いです(^_^;。と言うか、見たのは『グリーンブック』と『ジョーカー』だけでした。『否定と肯定』『主戦場』は当地でも上映されたんですが。

>ただ本当のジョーカーは楽しみながら悪事を働く同情の余地など無い究極のサイコパスなんじゃないかという気がします。

その方が楽しめますよね。
私が好きなのはやはり「ティム・バートンのバットマン・シリーズ」の悪役です。ジョーカーもペンギンマンも(キャットウーマンも)可哀想をこじらせて「悪」になった人たちで、可哀想をこじらせて「善」側についたバットマンとは紙一重。稚気稚気バンバンで楽しかったな〜。

『小悪魔はなぜモテる?!』聴いたことなかったけど、飛ぶ鳥を落とす勢いのエマ・ストーン出演となれば見たくなりますねぇ。『バトル・オブ・ザ・セクシィーズ』も見たいです。
『女王陛下のお気に入り』はご覧になりましたか?とにかく凄かったです(驚愕級)。

初映画は行かれましたか?私は『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』に行ってきました。楽しかった〜!ジョン・ウイリアムズの音楽が素晴らしいですよね。オープニングで早わくわくしますもん。
4月には「007」(の音楽)でまたわくわくです。
『パラサイト』も公開されたし、期待作がいっぱいあるのは幸せですね。
こんな調子で、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


報告とお礼に参上しました。 投稿者: 投稿日:2019/07/23(Tue) 22:56 No.2370   HomePage
お茶屋さん、こんにちは。

先ごろ『50年後のボクたちは』を観た折にふと思い出し、
ファティ・アキンは、やっぱり『そして、私たちは愛に帰る』だよなぁと偲びに参りました(笑)。
ってなわけで、先の拙サイトの更新で、かるかんの頁をいつもの直リンクに拝借しております。

お書きのように、いろんな面で映画という表現の豊かさを堪能させてくれる作品でしたよね。
ポリ袋は、意図して舞わせたものに違いないと僕は確信しておりますが、
吹けば飛ぶように翻弄される儚き存在でも、それが舞ってこそ絵になるのですから、
生き難い世を弛まず生き抜いて行ってもらいたいものです。

そう言えば、逆縁ではありませんが、下にもお書きの『半世界』も心に沁みる映画でしたね。
これまで観て来た十本を超える阪本順治作品のなかで僕がイチバン好きなのは、
この作品のような気がしています。

どうもありがとうございました。


Re: 報告とお礼に参上しました。  - 2019/07/28(Sun) 18:17 No.2371  

ヤマちゃん、いらっしゃいませ。
リンクとコメント、ありがとうございます。

『50年後のボクたちは』よかったな〜。『そして、私たちは愛に帰る』の監督さんだったのですね。知らなかった〜。35歳で『そして、〜』を撮ったなんてすごいですね。60歳くらいの人の作品のように思っていました。年を重ねてからの『50年後〜』の瑞々しさ軽さも大したものだと思います。こちらも映画的な場面の連続でした。

ポリ袋の舞う映画、『アメリカン・ビューティー』もそうでした。意味は全然ちがうと思いますが。

『半世界』、よかったですよね!
久々に日本映画がマイベストワンになりそうです。


2019年上半期の良かった映画 投稿者:四ツ谷 投稿日:2019/07/03(Wed) 20:35 No.2368  
お茶屋さん、こんにちは。庭に何か植えてもあっという間にカタツムリに食べられてしまいます。
この場をお借りし、今年も2019年上半期の良かった映画を発表させてもらいます。

『グリーンブック』
天才ピアニストでありながら、はぐれ黒人として生きるシャーリーの孤独と悲しみ。黒人差別との闘い。旅を通してじょじょに深まる二人の絆。素晴らしい演奏。随所に笑えるシーンがありコメディ映画としても成功していました。アカデミー賞作品賞にふさわしい映画だったと思います。

『否定と肯定』
見応えありました。レイチェル・ワイズが良かったですね。美貌を武器にコメディや恋愛映画でデビューし人気が出てもそれで満足せず、何とか中身のある作品に出演しようと挑み続ける姿勢がすごい。日本でもこういう映画が作られたらいいのに。でも無理だろうな、と思っていたのですが……。

『主戦場』
邦画と言っていいのかどうかは分からないけど日本の映画界にとって大きなニュースであり収穫でした。両論併記的な内容ではなくちゃんと監督自身が信じる側の立場に立って描いていたのが立派。スクリーンを通してちゃんと伝わってくるもんなんですね。インタビューを受けたそれぞれの人たちが、この問題にどれだけ真剣に取り組んでいるのかとか何のために闘っているのかなど。これの鑑賞を全国の中学校で必修にすればいいのに。

なぜでしょう。不作の半年でした。後半はたくさん出会えますように。


Re: 2019年上半期の良かった映画  - 2019/07/14(Sun) 19:34 No.2369  

四ツ谷さん、いらっしゃいませ(^o^)。

『主戦場』、ご覧になられたのですか。いいですね。当地での上映は叶うであろうか!?

>両論併記的な内容ではなくちゃんと監督自身が信じる側の立場に立って描いていたのが立派。

そうだったんですね。作家としては当然ですよね。
ほとんど口コミでお客さんが増えていったと思うのですが、裁判沙汰になってかえって宣伝になったんじゃないかなぁ。見たい映画です。
あと『新聞記者』も見たいなぁ。

『肯定と否定』は上映されたにもかかわらず、見れませんでした(ToT)。レイチェル・ワイズ、好きですのに。

『グリーンブック』は私もアカデミー作品賞にふさわしいと思いました。これぞアメリカ、アメリカ映画のよいところが盛りだくさんでしたよね。

四ツ谷さん、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』はご覧になっていませんか?私は怪獣に思い入れはないので見る気はないのですが、評判がものすごくいいので、四ツ谷さんの上半期入りするかと思っていました。


ところで、私の上半期というか、これまで見た中で今年のベストテンに入りそうな作品も聴いてくださいまし。m(_'_)m

なんと言っても『半世界』。日本映画がマイ・ベストテンに入ることは珍しいのですが、ベストワンになりそうです。それから7月に入って見たのですが『凪待ち』。アルコール依存症の話かと思って避けていたのですが、映友に強力に勧められて見たんです。アルコール依存症じゃなくてギャンブル依存症だったことは置いといて(^_^;、依存症だけじゃなかった。家族の映画であり、津波の後の凪待ちでありました。『半世界』の稲垣吾郎も『凪待ち』の香取慎吾もよかったので、SMAPは解散してよかったです。
あとは『ロンドン、人生はじめます』『50年後のボクたちは』は入りそうです。
そして、『X−MEN ダーク・フェニックス』、やっぱり面白かった〜!このシリーズは好きなのでムビチケを買っていたのですが、予想に反して不入りらしく、あっという間に夜1回上映となり危うくムビチケが無駄になるところでした。

というわけで、下半期の期待作はあたご劇場で上映予定の『バーフバリ』。いきなり後編のみ上映です(笑)。
『トイストーリー4』『ワンスアポンアタイムインハリウッド』『愛がなんだ』など。
あたごで『パドマーワト』も上映してくれないかな。
吾郎ちゃんも慎吾君もよかったので剛君の『台風家族』も見てみたいな。
とそんな感じです(^_^)。


2018年の良かった映画 投稿者:四ツ谷 投稿日:2019/01/08(Tue) 15:30 No.2365  
お茶屋さん、こんにちは。
この場をお借りし、今年も2018年の良かった映画を発表させてもらいます。

前半でいいなと思ったのは『ギフテッド』『スリー ビルボード』『グレイテスト ショーマン』『シェイプ オブ ウォーター』『万引き家族』で、後半は……。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
ストーリーと脚本が良くできていた。「ファイトー! 一発!」的なハラハラドキドキシーンだけでなくイーサン・ハントが道徳的ジレンマに陥るシーンもあったりして見応え抜群。もちろんスパイ物らしい虚々実々の駆け引きもあり全編通して緊張感が途切れることがなかった。

大勢を救うために少数を犠牲にしないという青臭い正義感や女性に捧げるひたむきな愛情など、イーサン・ハントの少年のような純真さも魅力的だった。

『ボヘミアン・ラプソディ』
ストーリーはミュージシャン映画によくある感じ。だけど音楽が圧倒的。ライブエイドでのパフォーマンスを再現したラスト21分は圧巻の一言。これを観て感動しない人などいないのでは。とにかく素晴らしい。

ブライアン・メイが辺野古問題で署名を呼びかけてくれたそう。ブライアン・メイいい奴じゃん!

『search/サーチ』
今年一番かも。ラストで泣いた。しかも嫌な涙じゃないのでポイント高し。

PCのモニター上で展開する実験的な作品と聞き、ストーリーはシンプルなんだろうと思っていたら、おっとビックリよくできてる。上質のミステリー小説を読んでいるかのよう。犯人も二転三転するんだけど取って付けたような強引さは無く、すごく自然に容疑者が浮かんでくる。序盤で張られた伏線が回収されると同時にストンストンと腑に落ちていく感じが心地良かった。

ネットの世界では、若い女性と会話していたはずがモニターの向こうに座っているのは実はシリアスキラーなんて言うことも起こりえる。そんな恐怖もよく伝わってきた。

DVDで観て良かったのは……。
『この森で、天使はバスを降りた』
久しぶりに再見。タイトルも本編も美しい。ラストは悲しいんだけど、やっぱり美しい。
『特捜部Q 檻の中の女』
影のある映像が事件の雰囲気に合っている。雰囲気のある北欧ミステリーを見事に映画化。
『ゲットアウト』
もっと暗い映画かと思っていたけどコメディ要素もあり楽しめた。TS、マザーファッカ―、A! には笑った。

今年もいい映画がたくさん観られますように。とりあえず『グリーンブック』を早く観たい!


Re: 2018年の良かった映画  - 2019/01/12(Sat) 14:29 No.2366  

四ツ谷さん、いらっしゃいませ。待っていましたよ〜!

『search/サーチ』『グリーンブック』、観たい観たい!!
『search/サーチ』はもう上映されていたのですね。もしかして見逃したのでしょうか。半年ばかりチェックを怠っていたからなぁ。泣ける映画とは知らなかった〜!かなり込み入った内容なのではと予想しています(ミステリーは苦手なので、ついていけるだろうかという心配もあります)が、舞台がほぼパソコン前というところに興味津々です。

『ギフテッド』、観ましたよ〜。女の子がものすごく可愛かった!
『ミッション・インポッシブル』は何作目になりましたかねぇ。今回はパスしましたが、トム・クルーズ、えらいわ。年を取るとイメージどおりに動けませんが、トムちんは日頃から鍛錬しているのでしょうね。体力的なものだけでなく「青臭い正義感や女性に捧げるひたむきな愛情」が似合うトムちんであり続けてほしいなぁ。

『この森で、天使はバスを降りた』、観たいですぅ(^o^)。
『ゲットアウト』、観たくないですぅ(ToT)。ホラーでしょう?ほんまに笑えますか???
四ツ谷さんに書き込んでいただいた『ドローン・オブ・ウォー』、もうもう今年こそ、絶対観たい!
あと『半世界』も観たいです。稲垣吾郎が炭焼きの父ちゃんを演じるのだそうな。『ラブ&ピース』を見て以来のお気に入り長谷川博己も出ているみたいなので(^_^)。

>今年もいい映画がたくさん観られますように。

そうですね!エンジン、かかってきました〜!

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -
Modified by isso