チネチッタ高知★掲示板
[ホームページ] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
メッセージの中には参照URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照URL
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

2013年のベスト・キャラクター募集中 投稿者: 投稿日:2014/01/02(Thu) 18:26 No.2243  
募集を始めました。
締め切りは1月31日(金)ごろです。
ぜひ、投票してくださいね〜。
どうぞよろしくお願いします。

http://cc-kochi.xii.jp/special/bestc.html


その他の更新>2014/01/05  - 2014/01/05(Sun) 17:06 No.2244  

更新しました〜。
2013年、いろんなことがありましたね。

市民映画会 祝170回
http://cc-kochi.xii.jp/special/pu1401_2.html

映画『県庁おもてなし課』ロケセットの無料公開
http://cc-kochi.xii.jp/special/pu1401_3.html

2013年高知の映画事情
http://cc-kochi.xii.jp/special/pu1401_1.html

上映中&予定
http://cc-kochi.xii.jp/jouei01/jouei-index.html


「2013年高知の映画事情」への追記要望  - 2014/01/05(Sun) 23:55 No.2245   HomePage

お茶屋さん、こんにちは。

例年以上に、充実した記録になっていますね!(拍手)

ここまでフォローできたんなら、
独立行政法人国立美術館による優秀映画鑑賞推進事業での四本立て上映が
あたご劇場で実施された件も記録しておくべきではないかと思っての書き込みです。

ニュースバリューは、同事業の興行館での実施が本県初になることと、
国立美術館のほうからの打診によって実施されたのが同館への注目によるものらしいこと。
これは記録に残しておいてよいネタではないかと思いますので、
上映作品ともども追記していただければ、と思います。
(下記↓参照)
http://neconote.jp/atago/blog_news.php?date=1384527600


アドバイス、ありがとうございます。  - 2014/01/06(Mon) 20:37 No.2246  

ヤマちゃん

嬉しいお言葉&拍手、ありがとう(^_^)。
例年よりがんばりました。

あたご劇場での優秀映画鑑賞推進事業も追記しました。


謹賀新年 投稿者: 投稿日:2014/01/01(Wed) 19:35 No.2242  
当サイトをご覧の皆さん、あけましておめでとうございます。
見に来てくださって本当にありがとうございます。
細々と更新をつづけて丸14年。これも時折いただく掲示板への書き込みや、希にいただくメールのお陰です。今後ともご意見ご感想、励ましやら慰めやら、どうぞよろしくお願いします。

このサイトを作り始めたわけは、次のリンク先に書いたとおり、高知の映画人口を増やす→映画館を増やす→上映本数を増やす→お茶屋の選択肢が増えるという皮算用のためでした。そのために、いち早く映画を観ておもしろかったら吹聴しようと思っていたのでした。
http://cc-kochi.xii.jp/front/bow-wake.html

しかし、今やどんな作品か面白いか面白くないかは、インターネットで検索すればすぐわかります。だから、一早く観て吹聴するというのは、ずいぶん前からしなくていいと思っておりました。それよりも、若い人がスクリーンで映画を観なくなっていることを憂う気持ちが強くなりました。自主上映も昔に比べてお客さんが減っているそうです。これでは、映画人口が減る→上映本数が減る→お茶屋の選択肢が減ってしまいます。

そこで、当サイトを続けるわけ(若い人にスクリーンまで足を運んでもらうため)を書いたうえ、特集を企画し、それにはお茶屋のネット友だちの協力も仰ごうと考え始めてから早幾年ぞ。企画のタイトルは、「遙かなるスクリーンの呼び声」「アイ・スクリーム、ユー・スクリーム、スクリーニズム」「銀幕の彼方へ」「それでも活動大写真」といくらでも浮かぶのに実行力がない意志薄弱ぶりをここにご披露いたします。

とまあ、実現しそうにないので書いちゃったのですが(^_^;。有言不実行のお茶屋と呼んでください。新年早々、なぜか我が身を顧みて反省しきりです。どうしたのでしょう?
そんなこんなで、今年もどうぞヨロシクお願い申し上げます。


「天国の門」観覧 投稿者:ガビー 投稿日:2013/12/23(Mon) 23:46 No.2237  
お茶屋さんの檄に刺激されて、「天国の門」を観てきました。この暮れに、あたご劇場で風邪を引くかもしれない危険を冒して。

映画は、そう言えば最近こういう根性の入った大河ドラマを見ていないな、と思える作品でした。特に、お茶屋さんも書かれているように、移民たちがヴァイオリンに熱狂し群舞で踊る「ヘブンズ・ゲート」のシーンが素晴らしかった。8分の7までは傑作でしたね。最後はちょっと腰砕けになってしまいましたが。

3時間35分は圧倒的な牽引力で退屈しませんでした。しかし、完全防備で行ったものの、足が凍傷になりかけました。(嘘)これからご覧になる方は、2階席をお勧めします。


防寒とトイレ対策  - 2013/12/24(Tue) 19:53 No.2239  

ガビーさん、傑作でしたよね〜。
最後はチミノ監督らしいんですよ〜。戦いが終わったところで幕にしていたらパーフェクトなんですが、チミノの辞書にパーフェクトはありません(笑)。かわりに愛嬌があるでしょう(^o^)。

檄文で書いた「くるくるくるくる」は、卒業式のダンスシーンのことだったんですが、ヘブンズ・ゲートでのローラースケート・ダンスも素晴らしかったですね。まあ、本当に素晴らしいシーンばかりです。

私は寒さに強いのか、ほとんど2階で見ているせいか寒いと思ったことはないんですよね〜。水分補給は少しひかえめにしたかな。あっという間だったのに、終わる頃にはちゃんと行きたくなっていました(笑)。


映画日誌をアップしました。  - 2013/12/30(Mon) 00:02 No.2240   HomePage

お茶屋さん、こんにちは。

 >この映画をスクリーンで観ずして何とする。

素晴らしい檄文でしたね。確実に5人は観客を増やしたことでしょう!(笑)
僕も「くるくるくるくる」にやられましたよん。
一番やられたのは、樹の元にかたまっているカントン一味の周りを
くるくるくるくる回ってばかりいて撃たれている東欧移民団でしたが(笑)。

 >あと2時間あったとしてもこの密度なら退屈する暇なしと言えます

僕は、とてもそうは言えないんですが、再見した甲斐はありました。
拙日誌↓を綴ったので、ご覧になってみてくださいな。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/2013/38.htm

高知あたご劇場の掲示板で紹介されていた「少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争」で
興味深かったのは、「その3」で言及されていた“ジャーナリスト”の件でした。
『許されざる者』では半ば主題とも言えるところに来ていたように思う「記録」の意味は
実はこの件あたりから材を得ていたのかもしれないと思ったりしました(笑)。


日誌拝読  - 2013/12/31(Tue) 16:17 No.2241  

ヤマちゃん、どうも〜。
日誌拝読しましたよ。
イザベル・ユペールに魂を奪われたご様子で(^_^)。
エラ宅でのラブシーンもよかったし、川で水浴びするシーンも素晴らしかったですね。

>確実に5人は観客を増やしたことでしょう!(笑)

そうだと嬉しいなぁ。マジで。
「動く西洋絵画」というのは、うまいこと言ってますよね(自画自賛)。

>くるくるくるくる回ってばかりいて撃たれている東欧移民団でしたが(笑)。

はははは!しまったなぁ。ここ、笑えるシーンだったのか(笑)。

「少し長めの蛇足_ジョンソン郡の戦争」
http://www.norari.net/outlaw/051707.php

私は斜め読みしてたんですが、単に「牛泥棒」と言っても、そういう事情があったのかと。誰の側に立ってジャーナルするかによって、選ぶ言葉が違うことを改めて思っていました。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -
Modified by isso