西洋近代美術にみる神話の世界

ラウル・デュフィ作「アンフィトリテ(海の女神)」
あまり期待してなかったけど、版画とかよかった~。町田市立国際版画美術館所蔵のジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージのエッチング「ローマの古代遺跡」などで目が覚めた!ピラネージ、すごい。どうして絵はがきがないのだろう?一般的には、すごくないのかな?ほかにもジョン・フラクスマンは山岸凉子先生の線みたいに美しい~。ピカソはさすが。オノレ・ドーミエの版画は、あんまり好きじゃなかったけど、モヤモヤした感じが「らしいなぁ」と思った。マックス・クリンガーは、また観る機会があるだろうと思ってパス(^_^;、シャガールの油絵は好みじゃないけど、版画「ダフニスとクロエ」はいいよね~。

あと、ラウル・デュフィって初めて観たけど、イイネ!「アンフィトリテ(海の女神)」も観ているといろんなものが浮かんできて(蝶がいるのも)楽しかった。「オルフェウスの行進」も好き好き♥。「アンフィトリテ」は絵はがきがあったんだけど、実物を観た後では買う気にならなかった(^_^;。

チラシにもあった「月桂冠を編む」のフレデリック・レイトンって「イカロスとダイダロス」の人だよね。物憂げな優しく綺麗な絵だなぁ。ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス(ウォーターハウスって画家だったのか;;;)の「フローラ」は水仙とアネモネが咲いていていた。どちらも美少年?

神話の世界って言うから、観る前は「タイトルを見ないで描かれた神々の名前を当てる!」と思っていたのに、あんまりわからなかった~。展覧会の主旨もあんまりわからなかった~。章立ての文は読んだんだけどな~。(2020/07/07 高知県立美術館)

びじゅチューン!

友だちに教えてもらったびじゅチューン!
「オフィーリア、まだまだ」とか面白ーい(^o^)。
井上涼さんが、作詞、作曲、歌、アニメ制作をしていて、番組では対象の美術品の解説もちょっとあり。
井上さんて才能ある~!

びじゅチューン! ←NHKサイト
ペネロペの星 きれい ←井上涼さんのブログ

大好きな絵本

お茶屋 ふぇいばりっと
大好きな絵本をチネチッタ高知の方にアップしました。

「セロ弾きのゴーシュ」の中に「インドのとらがり」という架空の曲が出てきますが、youtubeを検索したらありました。

篠山紀信展 写真力

篠山紀信展 写真力
大きいことはイイコトだ(^_^)。
部屋の中央で一回転すると全部の作品を見渡せるのはいいなぁ。しかも、写っているのは著名人。車いすの母も堪能できた。
都庁をバックに天気占いをする座頭市(勝新太郎)とか、建設中のスカイツリーを背景にした中村勘九郎とか合わせ技の面白さもあるし、黒柳徹子のヌードっていうのもある種の衝撃だし。時代と人を切り取る写真の面白さを感じた。また、拡大することにより揚巻(坂東玉三郎)の衣装の豪華さだけでなく重さが伝わってくるし、ディズニーランドや東日本大震災後の東北の空気感も伝わってきて、お祭り気分になったり厳粛な感じになったり。時代と人を切り取ることにどれだけ普遍性があるかしらと思いながら見て行った。

母に一番印象に残ったのはどれかたずねると、「筋肉(裸で踊るマラーホフ)」とのこと。二番目は「花魁(揚巻姿の玉三郎)」だった。
宮沢りえを見ては、「乳首がない。」←ある!
外国人が見たらどれが印象に残るだろうかとたずねたら、「人ぞれぞれやろうねぇ。」←いかにも。
めでたし、めでたし。
高知県立美術館ホールと中庭

(2015/11/15 高知県立美術館)