窓外 inter face 1991-2021 甫木元空/石元泰博「フォトセンターの10年」2期

窓外

甫木元空「窓外」展のチラシ画像

学芸員が推す高知ゆかりの作家展ARTIST FOCUSも4回目となった。1992年生まれの甫木元空(ほきもとそら)は、映画を作ったりバンドをやったり小説を書いたりのマルチな才能を発揮している人らしい。今回の出品は、72点のインクジェットプリント写真からなる「窓外」、四方の壁ともいえるスクリーンに投射されたビデオインスタレーション「1991」、6点のインクジェットプリント写真からなる「銀河」の三作品だ。
「窓外」は母が亡くなるまでの数年間の、「1991」は作家本人がお腹の中にいる頃から今までの、「銀河」は母が亡くなってからの記録だ。

「窓外」は風景の切り取り方にセンスがあり、台所、洗濯物、倉庫のごちゃごちゃしたものがたいへん繊細に捉えられ美しい。日常って見方によって、これほど美しくなるものかと驚きを持って観ていった。田んぼの中の1本の木などで季節の移り変わりが感じられるし、雲間の光を捉えた写真の後に母が見上げている写真が続くので、母がその光を見つめているようにも受け取れる。そんな風なモンタージュからなる作品なので順番どおり観ていくことによって活動写真のように時間や空間の動きを感じ取れるようになっている。穏やかな日常にお葬式という劇的なものが入り込むが、それをも淡々と同じ調子で切り取ることによって、静に沁みてくるものがあった。
「1991」はビデオ作品なので四面ごとにカットを割ったり、また、作家の家族が撮ったホームビデオもあり(ということは子どもいて楽しく)、より動きのある作品になっている。しかし、再三差し挟まれる外出先(病院?)から帰宅した母が家の前の石段を上がる後ろ姿が、このビデオのどれもが思い出でしかないことを想起させる。
「銀河」は写真の密度が低くなったように感じたが、気を抜いて見たせいであまり記憶に残っていない。休憩してでももう一度観ればよかった。
三作品をとおして母を亡くした喪失感と、失っても残るかけがえのないものの美しさを感じた。

図録は、もちろん予約した。すごく楽しみだ(^_^)。

「フォトセンターの10年」2期

石元泰博の植物の写真(はがき)の画像

今期で最も印象に残ったのは「ビーチ」。シカゴのビーチはよいとして、江の島がゴミだらけなのに驚く。画面の中央に重機がどーんとあるのにも。
植物写真のはがきの見本が置いてあって、10枚の値段で12枚入りのお得なセットを買った。硬質で植物じゃないみたい。

石元泰博〈HANA〉ポストカード発売のお知らせ(フォトセンター)

第4展示室のアーティストフォーカスから石元泰博展へ行くのに、ジブリ展の場所を一部通って行ったがとても楽しそうだった。
(2024/02/05)

謹賀新年2024_書き初め

毛筆で描いた龍の絵

家族が揃って年を越せて安堵していたところ、只今、テレビで大津波警報が出て驚いています。もう、何と言ってよいやらわかりません。

気を取り直して。

昨年の映画の見納めは役所広司主演の『PERFECT DAYS』でした。年内にその感想をアップしたかったのに、いろいろバタバタで年を越してしまいました。

う~む、やっぱり気を取り直せないですねぇ(^_^;。
日本全国、天災への備えを要拡充の思いを新たにしました。

人文学オープンデータ共同利用センター篆書字体データセットの万象千字文を参考に書きました。
 ↓

毛筆で書いた篆書の「龍」
篆書の「龍」

わたしの今年の感じの漢字

毛筆で書いた画像

「浮 二〇二三年癸卯 茶風」

今年の漢字は「税」だとか。税というと大麻’sタイマーズの「税」を思い出します。懐かし~(^o^)。
タイマーズ 税(youtube)

私の今年をざっくりまとめると、幕開けは新型コロナの病み上がり、父は予定どおり1月から酸素吸入を始め手が掛かるようになり、夏には三つのお葬式に参列し、秋から母が入院中。そんな中、旅に出て命の洗濯も出来た、というわけで、何だか落ち着かない→「浮」年でした。

が、しかし、書道教室3年生ですから。昔の人の書を手本に書いていると面白すぎて全集中できます。落ち着きます。今、書いているのは黄庭堅という人の「松風閣詩巻」で、これが素晴らしい!字の太さや力強さから、丹波哲郎さんみたいな器の大きい人なんじゃないかしらと思いながら書いています。今日、ガイドブックを借りてきたので、ぜんぜんイメージと違う人だと、また、笑えますが。詩の内容は読み下し文を参考に漢和辞典を引きました。感動しました(ToT)。
書道は面白いので、皆さんも始めませんか?富士のお山も広い裾野があってこそ、いっしょに美しい裾野を築きましょう!あ、若い人は山頂付近を目指してください。

おしまいは園芸メモです。気ぜわしい年の瀬、寒暖差も大きいようですので、どうぞご自愛くださいませ。

こぼれ種でビオラが咲いた。
ネコのオシッコで枯れた秋明菊が、こぼれ種で芽を出し、来年あたり咲くかと思っていたら今年咲いた。
庭の世話を怠っていたら、ススキの花が咲いてしまった。
雑草は小さいうちに抜くべし。庭と鉢の鉄則。
地植えにしたアネモネの球根は、夏に腐ってしまうだろうと思っていたら、芽が出ているものがある。
環境と管理人に適した植物が生き残っていく。
枯れたら次を買う楽しみがある。

そして舟は行く_高知県立美術館開館30周年記念展

1993年11月3日に開館した美術館は、早30周年。およそ440名の作家の41,000点以上の作品を収蔵しているそうだ。開館時に大川功氏にシャガールの版画、開館20年頃にご本人及びご遺族から石元泰博の作品やフィルム等の寄贈を受けている。そして、近年は作品を購入する予算も限られ当地ゆかりの作家の作品の寄贈を受けているようなので、私は棚ぼた美術館と思っていたが、やはり、学芸員さんを始め美術館に関わる方々が作家や関係者と良好な関係を築いているからこその寄贈なんだろうから、また、受け入れも厳選しなくちゃならないそうだから、棚ぼたと言っちゃ申し訳ないと思うようになった。
それでも好奇心から今回の展示作品の購入率を計算してみた。各展示室で一番のお気に入り(当日の気分)などの感想も記してみる。最後には展覧会は一期一会ではあるけれど、今まで観た展覧会のうち、もう一度観たいものを四つ選んでみた。

第1展示室 マルク・シャガールと同時代の洋画
19作品 購入14作品(73.7%)、寄贈等5作品(26.3%)

「画家の妻」岸田劉生・・・・力強い。
「緑衣のロッテ」ジョージ・グロス・・・・手の静脈!
「貝殻のある静物」「女性」藤田嗣治・・・・やはり独自の世界だなぁ。

第2展示室 日本の戦後美術
45作品 購入33作品(73.3%)、寄贈等12作品(26.7%)

岡上淑子の作品はタイトルが大事。
「作品65.2」正延正俊・・・・また会えた!嬉しい(^o^)。

第3展示室 ニュー・ペインティングを中心に
15作品 購入15作品(100%)

「レームブルック伝説」ヨルク・インメンドルフ・・・・なんべん観ても面白い。発掘された彫像はレームブルック作品だったのか!夢みたいな絵だ。観客席にいるのは芸術家とのことだが、誰が誰だかさっぱりわからない。

レームブルック作 女性像の画像
発掘された彫像かも

「真夜中の太陽1」フランチェスコ・クレメンテ・・・・色あせてきた?唇にひび割れ、あったっけ?
「アタノール」アンゼルム・キーファー・・・・観るたびに明るい。実際より暗く記憶しているみたい。

第4展示室 高知県ゆかりの美術
39作品 購入14作品(35.9%)、寄贈等25作品(64.1%)

「猫犬」土方久功・・・・ブロンズだったのか!温もりがある。どこから観ても可愛い!ミニチュアがほしい!

県民ギャラリー 美術館の歩み
11作品 購入5作品(45.5%)、寄贈等6作品(54.5%)

著名作家が柿の木に描いた(書いた)作品群。柿の木プロジェクトが楽しかった。

石元泰博展示室 石元泰博コレクション展 フォトセンターの10年1期
「東京 街」・・・・おじさんと子どもと犬がすれ違うところを俯瞰で捉えた。凄い構図。

もう一度

2004年ヴィルヘルム・レームブルック展
2006年ベトナム近代絵画展花と銃
2012年ミロ展
2015年没後20年具体の画家ー正延正俊

野町和嘉さんの写真展は、県美と三原村の展覧会の両方行ったので感想を書こうと思っていたけれど、どうも機を逸した。
どちらもとてもよかった。何を撮っても美しい。三原村では鳥葬のための解体作業を遠くから撮影した作品があって衝撃だった。