二泊三日の一人旅

2014年に岡山県に行ってから幾年ぞ。旅に出たいと思いつつ仕事はあるは介護はあるは新型コロナはあるは。弟が残業の比較的少ない職場に異動したので家族のお世話を任せて旅に出た。

1日目の目玉は、うん十年ぶりの中土佐町立美術館。ちいさな美術館にちいさな作品。ほとんど貸し切り状態で、ゆっくりしても1時間くらいで観られるし、ずっとまた行きたいと思っていた。中土佐町立美術館大賞の作品募集や、受賞作の展覧会を開催しているのも魅力だ。只今、開催されているのは「食と暮らしと絵と~ちっくと味見したいちや~」展。好きな作品がいっぱいで写真を撮りまくった。道の駅なかとさも再度行ってみたいし(カフェ「風工房」もこちらに移っているし海賊焼きのお店もある)、時間をみつけて是非また行こうと思う。

中土佐町立美術館(公式ページ)
道の駅なかとさ

二日目は、三原村で硯づくりと落款印づくりの体験をした。1966年に原石が再発見され、数名が硯づくりを始めたところ評判がよく、1982年には三原硯石加工生産組合が設立されたとのこと。原石の採掘から加工販売まで行い、硯づくりで生計をたてられるくらいだったので組合員も多かったそうだが、現在はワープロ、パソコンの普及で書道人口が減り、組合員は6名(だったかな(^_^;正確な人数を忘れてしまった)で各人は別に収入を得ながら在庫の原石を活用しているとのことだ。
硯づくり体験は工程のどのくらいの割合になるかと尋ねると、原石選びから完成までを10としたら、2割から3割くらいとのことだった。硯はほぼ完成形にしてくれていて、彫ったのは海の部分だけだが充分楽しく、固い部分があったりして石の個性を感じることができた。砥石や紙やすり(三種類)での磨きの工程はほぼ体験出来たと思う。体験をサポートしてくださった壹岐さんが、再々、硯を洗い布で拭いて乾かして磨けてないところを色鉛筆でなぞって教えてくれた。私が落款印を彫るのに悪戦苦闘している間に、硯の仕上げ(海と陸以外のつや出しのためのコーティング)もしてくださった。もう一人の体験者をサポートしていた組合員さんが話していたが、昔は本漆でコーティングしていたそうだ。土佐硯加工製作所に滞在したのは10時から15時半までで、お昼の休憩が30分くらい。だから5時間弱は硯と落款印づくりの体験をしていたわけだが、当然硯の方が時間がかかった。両方の体験はとても楽しく、成果品にも愛着がわく。

土佐硯一岐工房←体験プログラムの予約をしたサイト。

三日目の目玉は、足摺海洋館「SATOUMI」。初代海洋館も見応えがあったが、二代目はそれを上回る見応えで、これなら年間パスポート(2回行ったら元がとれる)もアリだと思った。水族館だから展示室に入ったら当然水槽があるという思い込みは見事に裏切られた。森から始まり、ヤモリやアオダイショウ(サンショウウオは水のないところにいたのに濡れているように見えたのはなぜ?ときどき水が出てくるの?)、でっかい黄色のテントウ虫までいて、これは飼育がたいへんだーーーと思った。こんな見たこともないテントウ虫をどうやって増やすの???森の次は渓流だ。ヤマメ(だったか、メモらないと忘れる(^_^;)が飛び跳ねて石を越え一段上の上流へ達する瞬間を目撃できる。カワウソもいた。桂浜のコツメカワウソしか見たことなかったので、その大きさに驚いた。いつまで見ていても飽きない。渓流の次は汽水域。砂浜に上がって産卵するウミガメは汽水域の終わりのコーナー。ここでは仁ノから長浜の現在と過去の写真を並べ、いかに砂浜が減っているか、産卵不可能になっているかの解説があった。コンクリート製の護岸が砂浜がなくなる原因だとなんとなく思っているが、それがウミガメに影響しているのだな。ウミガメコーナーと階段コーナーでは大きな窓から竜串の海が見えるようになっており、開放感のある水族館だ。お次はいよいよSATOUMI。今、山と人里の緩衝地帯である里山が人口減のため荒れ果て、熊が人里まで下りてくることが問題になっているが、里山に倣った「里海」なんだろう。子どもの頃、里山に遊山に行ったりしたが、里海でもそんな風に親しんでほしいということなのかもしれない。竜串の湾で見られる岩(フェイク)に囲まれた大きな水槽にいろんな生き物がいる。ときおり波(フェイク)もある。ヒトデの鮮やかな色に驚き、鼓岩というものがあることもわかった。(水族館を見た後は浜まで出て本物の鼓岩を見ればよかった。)漁具にひそむ生き物も。別の水槽ではタコがおり、水槽のガラスに吸盤をくっつけながらよじ登っている。40歳を超えてからページをめくるのに指先に吸盤がほしくなったが、あのみごとな吸盤がガラスから易々と離れ、器用に登っていくのに見とれた。くっついたら離れそうにないものが、あんなにも軽々と、いったいどうやってるの?帰ってきてSATOUMIのサイトを見ると毎週金曜日に定員5名で館長がツアーガイド(予約制で13時半から50分ほど)してくれるそうで、次は予約して質問してみたいものだ。里海の次は、遠くの少し深い海の生き物。鰯も鯖も生きていると、百倍きれいだな~。魚介類食べ物コーナー、ウミウシとクラゲコーナー、小さい生き物コーナー、そして、おしまいが深海魚コーナーだ。展示室を出るとそこは売店。お土産を買って家路についた。

足摺海洋館「SATOUMI」

およそ20年ぶりの幡多地方だったわけだが、道がずいぶんよくなっていた。行きは一般道路のみ、帰りは自動車専用道路のあるところはすべて利用した。これなら竜串まで日帰りも可能だ(しないけど)。お天気がよく海が本当にきれいだった。
(2023/11/03-11/05)

暑中お見舞い

暑中お見舞いを毛筆で書いた画像

台風のせいか、梅雨時のように蒸し暑くってかないませんが、皆さま、お変わりありませんか?
私は変わったことと言えば、昨年末に家族全員が新型コロナに罹ったくらいで、その他は相変わらずです。新型コロナに感染した状況をアップしようと記事を書きかけていたのですが、5類になったことだし、もういいかという感じです。
それより、見られずに心残りの映画!うん十年ぶりにマイケル・キートンがバットマンに扮した『ザ・フラッシュ』です。どうしてもマイケル・キートンの声でバットマンを見たいじゃないですか。それなのに字幕版の時間割が合わず、涙を飲みました(ToT)。
『ミッション・インポッシブル デッドレコニングPERT ONE』も字幕版は見れない時間帯なので吹き替えで見るしかないです。
『LAコンフィデンシャル』は、吹き替えを見てやっとわかった作品だったので、吹き替え版もいいのですけどね。

書道は、古典の臨書をますます楽しんでいます。顔真卿の楷書はあまり好きではないのですが、少し習ってみると、すごく面白かったです。起筆がすべて「ドン!」って音が聞こえてきて(笑)。送筆は「ドーン」、収筆は「ぐりぐり!」と、書いていて思いきりがよくなるというか、何か気持ちよく書けます。でも、続けていると暑くなってきて(暑苦しい字なのです)、冬に習うことにしました。

花は昨年、瀕死のシンビジウムの鉢に艶々のガーデンシクラメンが生えてきて(こぼれ種というか飛び種です)、冬に咲かなかったので残念と思っていたら、7月の初めに咲いて今は種が弾け終わったところです。このまま、ガーデンシクラメンの鉢となってくれるといいなぁ。
そんなこんなですが、元気にしていますので。
皆さまも暑さに負けないようご自愛くださいませ。

ガーデンシクラメンの写真

庭の驚異_アリ

今年もあと一月を切った。庭で嬉しかったこと残念だったこと色々あったが、一番おどろいたのは胡蝶蘭やオンシジウムの鉢に蟻が巣を作ったことだ。
夏の間、鉢と鉢の間に渡り廊ができていて、水遣りのたびに崩れるのだけど、翌朝には再び廊下が出来ていた。廊下の材料は鉢植えの材料である水苔のクズだ。

毎年、冬越しのため屋内に取り込むときには、水攻めと称してバケツの水に半日くらい漬けている。虫たちは水上の葉っぱまで登り詰めるか泳いでバケツの縁まで行くかするので、割り箸でつまんで庭に戻す。一鉢に多くてもハサミムシが一匹いるかいないか、それくらいの感じだが、昨年は水苔に空気の隙間があったのだろう、暖かい部屋で蟻が一、二匹這い出てきたのだった。
しかし、これだけの渡り廊下を毎日つくっているとなると、鉢の中は一大コロニーが出来上がっているはずだから、水攻めでは間に合わないだろう。春に植え替えたばかりだったが、取り込む前に再度植え替えた。

そして、再び驚いた。鉢底石の代わりにしていた発泡スチロールを再利用しようとすると、穴だらけでそこからも蟻が出てくる。水苔からわらわらと出てくる蟻たちは白いものを担いでいる。水苔にはびっしりと蟻の卵が並んでいるというか塊になっているというか。蟻を追い払うためと、植物の根と水苔を分離しやすくするためにホースで散水、散水、散水。水浸しの中、長ぐつを上ってくる蟻を払いながら、また散水。天災、人災、宇宙人の襲来。蟻と人類が重なる。いろいろ考えながらの植え替えだった。

残念だったこと
・牡丹が咲かなかった。そのため花後のタイミングの施肥を忘れてしまい、来年の芽が一つもない(ように見える)。諦めず2月頃に肥料をやってみよう。
・白絹病か白い虫かがまん延し、鉢植えがずいぶん枯れた。
・ミツバハマゴウは根が回って枯れた。植え替えが間に合わず。
・鉢を減すため地植えにしたタイムが枯れた。
・ネコのオシッコでホトトギス、秋明菊、トレニアなどが枯れた。

嬉しかったこと
・フリージアが咲いた(^_^)。母が20年くらい前に植えていたものが、一昨年、ひょっこり咲いて、昨年は葉っぱだけだったが、今年はたくさん咲いた。
・2、3年前、植え替えたシンビジウムは一鉢も咲かなかったので嫌になって冬も外に出しっぱなし、テキトーに水遣りだけして若干お荷物になっていたのだが、なんと黄色のヤツが見事に咲いた。6月に咲くのはシンビジウムとしては遅いんじゃないかと思うが、屋内で冬場に咲くより瑞々しくて数段きれいだった。
・シンビジウムは二鉢になったが、その一鉢に何か芽が出てきて、由緒正しそうだったので抜かずにおいていたら、どうやらガーデンシクラメンだ。何年か前に庭で種を結んでいたのが飛んできたのかな。
・購入から5年目にしてコーヒーの木の花が咲いた。実にはならなかったが満足。
・昨年の春買ったイングリッシュ・ラベンダーが2度目の夏を越した(^o^)。
・ペチュニアがこんもり咲いてくれた。夏に切り戻したら一月も経たずに盛り返した。8月下旬にも切り戻したら、一月以上経ってからだけど、また盛り返した。今月に入って花が小さくなったが11月は夏と変わらないくらいだった。
・地植えにした千日小坊がしっかり根付いていっぱい咲いている。ヒジョーに地味だが好きだな~。

コーヒーの木

2022

一昨年から葉の色が薄くなっていたので昨年植え替えたかったが今年になってしまった。鉢の中はほとんど根になっていた。体力的に10号鉢より大きい鉢にはできないので、根をむしったり切ったりして元の鉢に植え替え。1週間くらい経ったと思うが元気に新しい葉を伸ばしている。(2022/04/22)
蕾を発見。よく見ると葉柄の元ごとに蕾がある。半開きのものはジャスミンというかクシナシというか、微かに甘い匂いがしている。去年植え替えしていたら去年咲いたかも。(2022/05/03)
昨日、コーヒーの花にやってきた蟻を撮影した。受粉できたら実がなるかもしれない。サクランボみたいに赤くなって甘いそうだ。実の中の種がコーヒー豆ということになる。焙煎して粉に引いたら自家製のコーヒーが飲めるだろうか。でも、そういう面倒なことは苦手だ。実をいただいて種を播いて新たなコーヒーの木を育ててみようか。捕らぬ狸のなんとやら。昨日咲いた花は、もう花びらが萎れていた。(2022/05/05)


2020

4月に外に出したのに(今年こそ葉焼けしないよう、出す前に玄関から縁側に置き換えて光に慣れさせた。)、葉っぱが黄色いまま元気がない。植え替えてみると、やっぱり根が回っていた。成長が早いなあ。鉢を大きくするのは今回限り。ついに10号の駄温鉢だ。支柱もなし。これで来年あたり花が咲いてくれると嬉しい。(2020/05/07)


2019

いつの間に6号鉢に植え替えていたのだろう。
2017年4月、2号鉢。
2017年10月、4号駄温鉢。
2018年4月、6号駄温鉢。←というところかな。
そして、本日、8号駄温鉢に植え替え。
この調子だと来年は10号に植え替えか。10号くらいになると花が咲くかもしれない。そして、実が成ると!
しかし、8号が二鉢となると、けっこう労力がいるなあ(既に)。パキラも二鉢だし。う~む。植え替えたあと、また屋内に取り込んだのだ。遅霜の恐れがあるので外に出すのは4月10日以降だ。(2019/03/24)

10月にパキラとともに引き取ってくれた園友さん、ありがとう!助かった~。
今年は取り込むのが遅くなって葉っぱの色がイマイチ。取り込みながら気がついた。枝振りが良い方をと思い差し上げたんだけれど、あちらは由緒正しい傷物だった。3本いっしょに植わっていたものを植え替えたとき、あまりにも細く倒れそうだったので割り箸を添え木にしていた。一つは自然と添え木が取れたが、もう一つは添え木をしたまま幅も長さも割り箸を追い越し、どんどん大きくなって気がついたら結束バンドが幹に食い込んでいた。バンドを解いて割り箸を取り除きながら、この傷がどうなっていくかも一つの楽しみよのうと思ったことだった。←昨年の秋、屋内に取り込んだときのこと。
それをすっかり忘れていたのだ。
園友さんには、傷も含めて花が咲き実がなるのを楽しみに育ててほしい。(2019/11/03)


2018

金木犀の木陰で二鉢とも凄く大きくなった。一つは強風に倒れて鉢から飛び出したりしたので新しい土を足した。そうして根が切れたので、今かえって元気だ。もう一つは、根が回っているのだろう、水を吸う力も弱く(もう一つと比べて土の乾きが遅い)、葉の色が薄く、黄色っぽいものもある。もっと早く気がつけば植え替えしたのに、今はもう冬。春まで我慢だ。(2018/11/25)


2017

2017年3月、購入。小さな鉢に3本植わっていたので、4月には2号くらいの素焼きの鉢に分けた。一番小さい木は枯れてしまったが、あとの2本はずいぶん大きくなったので10月に4号駄温鉢に植え替えた。大きい方は双葉から数えて15段目で枝分かれした。コーヒーの実は熟すと赤くて甘くて美味しいらしい。種はコーヒーになるし、葉っぱも艶々できれいだし、葉芽も合掌のように出てきて開くのが面白く、楽しみが大きい。幹が細いので割り箸の支柱を立てている。今年は室内で育てたが、来年の春からは外に出して一気に大きくしたい。(2017/10/29)