米團治襲名披露つづき

キーボードの調子が悪くて(力一杯叩いても、なかなか入力できないキーがいくつかある)、すらすら打てず、イライラです。
ざこば師匠の他に、米朝の直弟子の団朝、孫弟子の南光(昔べかこ、枝雀さんの弟子だったのね。で、枝雀さんは米朝の弟子だったのね。知らんかったー。)、同じく孫弟子の月亭八方(月亭可朝も米朝の弟子だったとは!)、そして、人間国宝の息子つながりで柳家小さんの計6名の公演でした。
団朝さんは、男ばかりが酒と肴を持ち寄って宴会を開こうとするも、みんな料理ができず、鯛の尾頭付きなんか全部犬にやっちゃうというお話。
南光さんは、義眼のモテ男をやっかむ酔っぱらいが喉が渇いたと言って、モテ男の枕元の湯飲みを失敬し、漬けてあった義眼ごと飲んでしまうというお話。
八方ちゃんは、テキ屋の売り口上に乗せられて、いんちき(?)本を買わされるお話。
いずれも爆笑の面白さでした。
特に団朝、南光、ざこばのお三方の枕からの話の流れは、「米朝一門ってスマート」「程がよい」という印象。文珍さんやかい枝さんは、枕で大いに笑いをとって、笑い疲れた頃に本題に入るって感じで、師匠が異なると落語も変わるものですね。
柳家小さんは、どんな噺だったかどうしても思い出せず(^_^;。
上方の賑やかさを差し引いても、つまんなかったし。お客さんが少ないことを何度もネタにされたのには閉口しました。(昼の部、夜の部、両方観た人の話では、夜の部はなかなかよかったそうです。)
さて、おおとりの五代目米團治。芝居狂いの若旦那が二階で丁稚相手に、忠臣蔵の七段目を再現するお話。身振り手振りを交えた熱演でした。
若いせいか、芸が急いておりまして、まだまだ上手とは言えませんでした。若旦那は、小言を言う父親にすべて役者口調で受け答えをするのですが、侍になったり、女形になったり形はできていると思いますので、あせらずゆったりと芸を披露してほしいと思います。
でも、それが最初からできれば天才です。自分を客観的に見て、あとは精進あるのみ。天才でなければ努力する才能が必要だと思ったことでした。
10月13日 昼の部
団朝・・・・寄合酒
南光・・・・義眼
小さん・・・?
ざこば・・・厩火事
-中入り-
口上(数字は進行役が指名した順番)
 米團治・・・・・・お辞儀のし通し。口上では物を言わないのですね。自分の噺が終わってから、今後ともよろしくと話していました。
 小さん(4?)・・人間国宝の先代小さんの話と米團治を誉め上げる。
 八方(3?)・・・上方落語家うん百人の中から抽選で襲名披露に選ばれ、常日頃ならそばにも寄れない人間国宝のご子息の半径5メートル以内に座すことができ光栄だが、米團治については付き合いがないので存じ上げない、それよりも私の師匠は今年の夏死んだ(ストーカー行為で捕まった(^_^;)、風前の灯火の月亭をなにとぞよろしくと、笑いを取るのに徹す。私は爆笑でした。
 南光(2?)・・・米團治のよいところ。男前。先斗町でもモテモテ。その界隈を歩くと米團治にそっくりな子どもが仰山。・・・・というような話だったかな?すごく面白かったし、米團治のことをちゃんと話していたけど忘れてしまいました(ごめん)。
 団朝(進行役)
 ざこば(1)・・・米團治を子どもの時から知っている。米朝の息子三人のうち誰かは落語家にならなと、枝雀と二人で米團治に入門をすすめた。米團治の褒めるところを探すが、思い浮かばない。正直でスンマセン。米團治という大きな名前が、畳んでポケットに入るくらいになった。褒めるところ、褒めるところ・・・・。あ、オペラにすごく詳しい。落語より詳しい(^Q^)。
八方・・・・・タイトル不明
米團治・・・・七段目

「米團治襲名披露つづき」への1件のフィードバック

  1. 【Re:米團治襲名披露つづき(10/18)】 (ムーマさん)
    やっぱり、「ざこば」が好き~~~(笑)。(2008/10/19 10:37:23 AM)
    【Re[1]:米團治襲名披露つづき(10/18)】 (お茶屋さん)
    >やっぱり、「ざこば」が好き~~~(笑)。
    で、しょう~(^_^)。(2008/10/19 11:35:32 PM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。