ライゲイトの地主

ホームズが過労のためリヨンで倒れ、その知らせの電報から24時間のうちにワトソンは病床に駆けつけた。「ヨーロッパが彼の名声で沸き返り、部屋は祝電の山で文字通りくるぶしまで埋まりそうだというのに暗い抑鬱状態に落ちこんでいた。」いや~、ホームズ、働いてるわ~。

ふたりは一旦ベイカー街に帰ったけれど、すぐにサリー州のライゲイトへ療養しに行くことになった。もちろん、医者であるワトソンの勧めだ。ところが、事件がホームズを呼ぶのかホームズが事件を呼ぶのか、ワトソンのにらみ(願い)も利かず、ホームズは殺人事件の捜査に乗り出すことになる。地元の警察にも頼られるし、本人も嫌いじゃないからして(笑)。

それで療養に来ているのをいいことに仮病をよそおったり、ガッシャーンとテーブルをひっくり返してワトソンのせいにしたり(仮病に騙されたワトソンもそのへんは心得ていて自分でテーブルをもとにもどしたり)で、事件はスッキリ解決。「ワトソン君、田舎での静養は大成功だったよ。ぼくは明日には、大いに元気になってベイカー街へ戻れるだろう」という落ち(笑)。
冒頭の抑鬱状態は、大きな事件を解決して「次」がなかったからという気がする(^_^;。これでは、ヒマすぎるとき、コカインをやりたくなるのも無理はないか。
(題名は「ライゲートの大地主」という訳が威勢がよくてよかったなぁ。)

「ライゲイトの地主」への2件のフィードバック

  1. タイトルは覚えてませんでしたが、この話は覚えてました~。(と言っても、お茶屋さんの記事読まなかったら、永遠に忘れたままだったでしょうね(^_^:。なんか懐かしいわ~。)

    私も「謎」ははっきり言ってどーでもいい?ヒトで、ホームズとワトソン君の掛け合いとか、ベーカー街での暮らしぶりとか・・・そんなことばっかり、興味持って読んでたんだと思います(私のミステリー好きは、今も大体そんな感じですが(^_^:)。

    >冒頭の抑鬱状態は、大きな事件を解決して「次」がなかったからという気がする(^_^;。

    私も~~~ヽ(^o^)丿(「シャーロック2」でもそーゆー時って、すごーく荒れてたも~ん。)

  2. ムーマさんもそうだったんですか。
    謎解きはどうでもいいと(^Q^)。
    だって、ホームズとワトソンの掛け合いが面白いんだものね!ガス灯や二輪馬車や霧やらがね。

    「シャーロック」より原作のふたりは落ち着いているのですが、BBCのキャラクターに全く違和感がないのが不思議です。
    ヒマなときは「退屈、退屈、退屈」と室内でピストル撃ったり、「犯罪者は何をやってるんだ」とか、「ぼくが犯罪者じゃなくてよかった」とか荒れますよね(笑)。
    BBCマイクロフトがシャーロックを監視しているのは、犯罪を犯しやしまいかと「心配」してのことじゃないでしょうか(^Q^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。