ウラジーミル・コロレンコの肖像

ウラジーミル・コロレンコの肖像

レーピン作、1912年 油彩 キャンバス 75.0×64.5cm
タッチが荒々しくてザックリ描いた感じなのにキチッとしている。
荒々しいタッチが、この人の皮膚感をよく現しているような感じだった。

「ウラジーミル・コロレンコの肖像」への2件のフィードバック

  1. 「皮膚感覚」っていうのは言えてますね♪
    私にはなぜか、とてもきれいな絵に見えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。