「高慢と偏見」BBC

毎年、新緑の季節になると見たくなるBBCのテレビドラマ「高慢と偏見」(1995)。ほらほら~、緑がきれいー!
「高慢と偏見」
いつの頃かDVDを買って繰り返し見ていたんだけど、それは字幕版のみ。吹き替え版が出るのをじっと待っていた。そしたら、えーっ、2011年12月に発売されてたの~!と先日の黄金週間に知って即注文。既に3回見た(笑)。
19世紀のラブロマンスというか、婚活事情というか、ストーリーがわかっていても風景、建物、衣装等が美しく、登場人物も主役から脇役、端役に至るまで適材適所で会話が辛辣だったり愉快だったり何遍見ても面白い。

「高慢と偏見」ミスター・ダーシー
ミスター・ダーシー(コリン・ファース)。登場したては田舎の社交界を見下した感じ。自尊心が高く尊大に見える。そのうえ嘘がつけない正直者で、社交辞令を言わず、気に入らない相手には不機嫌な表情のまま接するので、偉そうに見えることこの上なし。大金持ちだから世間の評判が悪くても困ることは一つもない。もし、ミス・エリザベス・ベネット(ジェニファー・イーリー)に求婚を拒絶され、自らを省みることがなかったら、一生「高慢な人」という評判を背負うことになったかもしれない。

「高慢と偏見」おじぎ
しかし、そんな彼も身分の低い人に対して「おじぎ」ができるようになった!

「高慢と偏見」どうしたのかしら
「あれが、高慢なミスター・ダーシーなの?気さくで感じのいい紳士じゃないの。」
「あんなに変わってしまって私も驚いているの。いったいどうしたのかしら?」
いや~ん、ミス・ベネット。あなたが、こっぴどく振ったから、自己改革したのよ~。改革には痛みを伴うじゃなくて、痛みを克服しようと改革したのよ~。

「高慢と偏見」恋する瞳
恋する男子はキレイさ~、けしてお世辞じゃないよ~

「高慢と偏見」恋する瞳
あわてないで、お嫁サンバ
一人のものになる前に、まだまだイロイロあるのよね~

「高慢と偏見」レディ・キャサリン・デ・バーグとの対決
ミス・ベネットとダーシーの伯母レディ・キャサリン・デ・バーグとの対決。「どこがレディじゃ」というほど、理不尽、かつ、高圧的にミス・ベネットを責める。しかし、リジー(ミス・ベネット)も負けてない。二人の激突・丁々発止は、ミスター・ダーシーの求婚シーンに並ぶ最大の山場だ。レディ・キャサリンみたいに言われると、私など頭の中が真っ白になって一言も言い返せないが、リジーは頭の回転が速いので論理的にも完璧に反論する。怒り心頭に発しているにもかかわらず、抑制がきいて言葉づかいが乱れない(あっぱれ)。

リジーは聡明で機知に富み、活発で生き生きと輝いている。とても賢いのに(美男子という設定で)物腰の柔らかいミスター・ウィッカムにコロリと欺されるし、ミスター・ダーシーにプライドを傷つけられて「なんて嫌な人」と思い込み、彼の率直さや誠実さに気づくまでえらく回り道をしてしまう。そういう弱点を含めて、今まで出会った古今東西の登場人物のうちで最高に魅力的なヒロインだ。

レディ・キャサリンとダーシーを比較すると、よい家柄に生まれ高い身分を誇りに思っていることは同じでも、そういう身分の者のあるべき姿像が伯母と甥とでまったく異なることに気づく。リジーがダーシーを拒絶したとき、ダーシーの胸に一番堪えたのが「あなたがもっとジェントルマンらしく振る舞ってくださっていたら」という非難だ。身分の高い者は教養を身につけ品位を保たなければならない、それでこそジェントルマンという思いがあったのだろう。ジェントルマンらしくなかったという指摘を非常に重く受けとめたということは、それだけ誇り高いということだ。言い換えれば、誇りに思えば思うほどジェントルマン度が高くなるということだと思う。

「高慢と偏見」二度目の求婚
ハッピー・エンディング。
しあわせ(^_^)。

「「高慢と偏見」BBC」への6件のフィードバック

  1. これ、TVドラマだったんですね。私は一度ケーブルTVで観ました。
    コリン・ファースって、若い頃から(若くもないか?)
    こういう役柄が似合うんだなあ・・・って
    ちょっと「ブリジット・ジョーンズの日記」思い出しました(^^)

    イギリスのこういう映画とかドラマとか
    ほんとに風景その他が綺麗ですよね~。
    私もそのために観ることあります。

  2. 昨年の『ジェーン・エア』も緑が素敵でしたよね~。
    同じ緑でも丘陵系と森林系がありますよね。
    そういう分類の仕方も面白いかも。>映画

    そうそう、そもそもこのドラマのDVDを買ったのは『ブリジット・ジョーンズの日記』を観てからなんですよ。
    『ブリジット~』のコリン・ファースは、ミスター・ダーシーをモデルにしたダーシーという名前の役で、BBC「高慢と偏見」の大ヒットを受けての当て書きだったそうですね。それを知ってDVDを買ったんだと思います。いや~、私ってかなりコリン・ファースを好きだったんだ(ビックリ)。

    ムーマさん、『シングルマン』はご覧になりましたか?
    私のコリン・ファースのベストスリーは『アナザー・カントリー』、『高慢と偏見』、『シングルマン』ですー(*^o^*)。

  3. 『ブリジット~』のダーシーは、ホントにミスター・ダーシーだったんだ(^^)

    『シングルマン』は、以前録画して観ました。
    (でも、あの映画はもう一度スクリーンで観たいな~)

    私の(目下の所の)ベスト3は・・・何だろな~
    『シングルマン』、『高慢と偏見』・・・それに、『恋におちたシェークスピア』とか(笑)。
    私、『恋におちた~』で初めてコリン・ファースっていう名前を知って
    なんというか・・・あの成り上がり紳士?が妙に記憶に残って
    それ以来、彼が出てると観たくなります(^^)。

  4. わ~、同じです~。
    『シングルマン』をスクリーンで観たいです。
    あのヒンヤリひたひたの感じ、気持ちよさそう。孤独が心に染みこんできそうですよね。それを気持ちよさそうと言うのもどうかと思いますが(笑)。

    『恋に落ちたシェークスピア』、観たことは覚えていますが、中身はスッカリ忘れておりまして、コリン・ファースが出てたのですね(^_^;。
    ムーマさんと私の間では『シングルマン』と『高慢と偏見』は、コリンの代表作に決定ですね。アカデミー賞受賞の『英国王のスピーチ』はどうした?って感じですね(^_^)。

  5. あ、「恋におちた~」はジョークだと思って下さい(^^;
    どこがベスト?ってキャラなので。(出番もちょっとだけ)
    『アナザー・カントリー』いつか見なくっちゃ
    ・・・って、シツコク書いてる私も
    結構コリンが好きだったんですね(同じくビックリ)

  6. ひえ~、ジョークがわからなかった無粋なワタシ(笑)。

    >結構コリンが好きだったんですね(同じくビックリ)

    ねー。
    今もって好きって感じはしてないのですが(^Q^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。