忘れられた皇軍

【テレビのミカタ】「日本人よ、これでいいのだろうか?」と日テレが放送した大島渚ドキュメンタリーの衝撃
うえの記事で知った。「NNNドキュメント’14 反骨のドキュメンタリスト 大島渚 『忘れられた皇軍』という衝撃」という番組が放送されたとのこと。検索すると見ることができた。マスコミの中にも頑張っている人がいる。エールを送りたい。

よく報道とかドキュメンタリーは中立でなければならないと言う人がいるが、そうだろうか。私にとっては、番組やドキュメンタリーを作った人の軸足がどこにあるかが肝心で、主張が明確な方が欺されずにすむのでありがたい。同じ素材であっても料理の仕方で旨くも不味くもなり、たまには毒入りもあるだろうから、料理人を信頼できるかどうかは腕ではなく足だという気がしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。