いろいろ 主にシャーロック

『セデック・バレ』で安藤政信くんに遭遇して、プチ安藤祭り。終わりました~。安藤くんイイねぇ。生きてたねぇ(笑)。映画の感想は、あらぬ方向に行っちゃったけど(笑)。『X-MEN』を見ても、あらぬ方向ですから(^_^;。『ハンナ・アーレント』も書くつもりなのに、どっちの方向へ行くへやら。つい、アンナ・ハーレントって言ってしまうし。
しかし、そんな私を支えてくれるBBCのシャーロックとジョンよ(♥)。このシリーズのジョンは、本当に見飽きない。微妙な感じが可笑しくて可愛くて。マーティン・フリーマン、ありがとう!
第1話「空の霊柩車」でシャーロックの帰還に予想どおり、殴りかかっていくというか絞めにかかっていったけど、1回じゃすまなかったね(笑)。3回くらい絞めていた(よくやった(笑))。
第2話は「三人のサイン」だっけ?タイトルを忘れたけど。シリーズ1も2も2話目が箸休めみたいな感じだけど、シリーズ3でもこれは箸休めみたいな感じだなぁ。だけど、いっぱい笑えて楽しかった。シャーロックが、だんだんまともになってきたような(?)。というか、第2話の幕切れは、シャーロックに孤独の風が身にしみる。ジョンとメアリーは、今までと変わらないと言っていたけれど、ハドソンさんは結婚すると友だち関係が変わってしまうと言っていたし。はて、どうなることやら。
そうそう、女の子が出てきたけど、あの子がベーカー街イレギュラーズの隊長になったらどううなるでしょー(^Q^)。お駄賃に生首の写真とか;;;;。
第3話の予告編を見ると恐喝王が登場するらしい。恐喝王と言えば、チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートンだよね!?ということは、「犯人は二人」というタイトルで訳されたこともある短編ですね。私はこの一編が大好きなのです。ホームズとワトソンがミルヴァートン宅に押し入って恐喝の材料を火にくべてしまうという話。二人が犯罪者になってしまうのだ(笑)。ワトソンはともかくホームズは、けっこう犯罪、犯してますからーーー(笑)。

「いろいろ 主にシャーロック」への8件のフィードバック

  1. いや~、始まりましたね~(^o^)

    第1話でのシャーロックとジョンの(温度)差のあまりの大きさ!(^o^)
    3回でも足りないよね(でもジョンとしては頑張った!)
    第2話でシャーロックが苦労して当然ですわ。
    (でも、あれこれ裏方やってるシャーロックは可笑しかった~)

    第3話も、お茶屋さんの読んでぐっと期待が高まりました。
    (あの二人にピッタリ!?)

  2. ムーマさんと「ジョンはきっと殴るね(殴ってよし)」みたいな話をしていましたものねー(^Q^)。
    今回のシリーズは、あの憎まれっ子のシャーロックがえらく可愛いじゃないですか?これはジョンが上手く育ててくれたものだと・・・・(笑)。
    第1話でシャーロックの両親が登場しますが、カンバーバッチさんの実のご両親だそうで、メアリーはフリーマンさんの実のパートナーだそうで。へぇ~、20個でした。←古い。

  3. >第1話でシャーロックの両親が登場しますが、カンバーバッチさんの実のご両親だそうで、メアリーはフリーマンさんの実のパートナーだそうで

    知らなかった~(^^)
    でもメアリーさんはお似合いですね(本気)。

    ところで、20個って・・・なんでしょ?

  4. へぇ~×20個=20へぇ
    です。
    トリビアの泉っていう番組で、「へぇ~」ボタンを押した回数で「20へぇ」とか言ってたんです。
    古すぎてゴメンね(^_^;。

  5. へぇ~そうなんだ、知らなかった~(^^)←時流にいつも疎いヤツ(シャーロックとの共通点かも)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。